5ちゃんねる勢い速報まとめ トップ > PINKニュース+ > 【衝撃】現役諜報機関関係者が独占予言「3カ月以内にアメリカの醜い裏側が丸裸になる」 バノン逮捕 『闇の情報と米郵便公社USPS』 > キャッシュ - (2020-10-05 06:42:31 解析)

【衝撃】現役諜報機関関係者が独占予言「3カ月以内にアメリカの醜い裏側が丸裸になる」 バノン逮捕 『闇の情報と米郵便公社USPS』

6コメント
2020年11月25日 19時46分 時点
1
逢いみての… ★ 2020/08/29(土) 23:56:40 ID: 【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤が斬る! 国際ニュース裏情報】

──トランプ政権の黒幕とも言われた元大統領主席戦略官のスティーブ・バノンが21日に詐欺で逮捕されました。トランプ陣営としては大打撃じゃないですか?

 大打撃だと思います。なにしろ、逮捕の理由はメキシコ国境との壁を作るためのオンライン・クラウンドファンディングで集まった資金を着服したということですからね。イメージは相当悪いです。しかも、彼は本当にやってると思うんですよね(苦笑)。そんな人間がトランプ思想を形成するのに重要な役割を果たしており、これまでの選挙戦を主導していたというのは問題になってくるでしょう。今後トランプが選挙戦を戦う上で、影響は不可避です。

──不思議なのは司法長官のバーやFBI長官のレイはトランプ陣営じゃないですか? それがなぜバノンの逮捕を阻止できなかったのか?ということです。

 そこが今回のポイントのひとつでバノンを逮捕したのはFBIや警察じゃないんですよ。米郵便公社USPSです。

──えっ!? アメリカって郵便公社に逮捕権があるんですか!?

 実はあるんです。そもそも郵便はどこの国でも国の独占事業で、日本に郵政民営化を求めたアメリカですら公社なんです。しかも、アメリカの場合は、政府の郵便事業の独占を憲法で規定しており、民間企業は速達しか競合を許されてません。しかも、その関連法も凄くて、郵便公社の独占を脅かす対象が現れた場合、対象の捜査や逮捕権まで付与しているんです。実際、Equifaxという消費者信用情報企業が普通郵便の送付で民間のFedExを利用していたことがUSPS捜査で判明し、多額の罰金を課せられています。

──郵便公社に楯突く奴は全員逮捕する構えなんですね。

 これだけ強気に出られるのは郵便が歴史的に諜報と密接に関係していたためです。USPSを作ったのは建国の父でスパイマスターでもあったベンジャミン・フランクリンですし、どこの国でも郵便=諜報網なんですね。ですから、通信に関する詐欺は公社の独占を脅かす重大な犯罪と判断されるので、バノンが関与したオンライン・クラウンドファンディングの詐欺事件は通信に関する詐欺のド真ん中として堂々と逮捕できるんですよ。ただし、最近は郵便を諜報網とは見ている人は少ないですから、USPSに逮捕権があるなんて知っている人は少ないんですよ。

──意外な抜け穴があったというか、まさか郵便公社に捕まるなんてバノンも思わなかったでしょうね。

 トランプたちも虚を突かれたと思いますよ。トランプなんて一時、USPSを民営化しようとしたこともありましたからね、議会の反対で実現しなかったのですが、あの時に民営化しておけばこんなことにはならなかったと悔しがってると思いますね(笑)。

 しかし、バノンの逮捕劇はもとを辿れば、トランプ陣営の失態が原因なんです。これは今年の6月に遡るのですが、トランプと司法長官のウィリアム・バーはニューヨーク州南部地区裁判所のジェフリー・バーマン連邦検事を解任しようとしたんです。ニューヨーク州南部地区というのは以前にもお話したように、ウォールストリートなんかを管轄する重要な地域なんですね。エプスタインの事件も南部地区裁判所でやっているほどです。ですから、トランプとすれば、自分の息のかかった人間をその地区の検事にしたかったのですが、バーマンの反抗にあって、彼の後任人事は民主党員のオードリー・ストラウスが就任してしまったんです。

──なぜ、トランプは人事に失敗したんですか?

 バーマン検事を解任するには辞任か、議会の承認が必要だったんです。しかし、当時、バーマンはトランプの側近の汚職事件を追っていましたから、民主党が優勢な議会で、彼の解任が承認されるわけはなかったんです。彼自身も辞任する意思はなかったですし、事態は完全に膠着状態になります。その時、バーマンが出した妥協案が、自分の後任にはストラウスというもので、トランプ側はこれを不承不承飲んだんですね。ストラウスはバーマンの腹心であり、この時点で、彼女はバノンの詐欺事件に着手してもいました。

続く

以下ソース
https://tocana.jp/2020/08/post_168201_entry.html

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/
2
逢いみての… ★ 2020/08/29(土) 23:56:52 ID: ──トランプ側はそれに気づかなかったんですか?

 と思います。仮に気づいていたとしても、トランプ側は司法とFBIを押さえていますから安心していたはずです。逆にストラウス側はバノンをどうやって逮捕するのか、暗中模索状態だったでしょうね。

──警察もFBIも動かないわけですからね。

 そうです。ところが、この6月にトランプはもうひとつ失態をおかしていたんです。米郵便公社の総裁をトランプ派のルイス・デジョイにすげ代えて、郵便投票制度を潰そうとしたんです。トランプが郵便投票を嫌う理由は簡単で、不正の入る余地が大きすぎるからです。民主党は違法滞在者やホームレスを動員して票の水増しをずっとしていたんですよ。これを止めるために、デジョイを送り込んだのですが、郵便公社は例の警察権を発動してデジョイの内偵を始めたため、ビビったデジョイは情けないことに郵便投票制度を残す方向で手打ちしてしまうんです。

──思い出しました。これは結構大きなニュースになってたと思います。

 しかも、これによってストラウスに希望の光が射したんです。郵便公社USPSはバー司法長官が君臨する司法省から独立していて、独自捜査が可能だったんです。これに気づいたストラウスはUSPSと連携してバノン逮捕に動いたわけです。

──バノン逮捕によって今後、トランプ陣営はどうなるんですか?

 すでにバノンは約5億円相当の保釈金を積んで自由の身になっています。ですので、反撃のタイミングを虎視眈々と狙ってくるでしょうね。要は足の引っ張り合いが始まります。これは2016年のトランプ対ヒラリーの時もそうでしたけど、お互いの恥部を暴き合う人間臭い戦いになります。事実、今回のバノン逮捕にしても、バイデンの大統領指名受諾演説に華を添える打ち上げ花火だったわけですよ。21日にわざわざ捕まえているのはそういうことですから。

 一方、トランプ陣営もバイデンの顔に泥を塗るために大統領指名受諾演説の当日に合わせて爆弾を用意していたんです。それが演説の前日のルディ・ジュリアーニ元ニューヨーク市長のTwitterで、「明日は私たちの共和党を守るための重要な情報を暴露する」とツイートしていたんです。そして翌21日、ジュリアーニは「バイデンの認知症は本物だ」とする二人の医師の証言を公開しました。トランプ側はこのネタでバイデン叩きを画策していたんですが、バノン逮捕のインパクトによって、バイデン認知症の暴露は完全にかき消されてしまいましたからね。

──今回は民主党の勝ちだったんですね。しかし、これから相当醜い暴露合戦が始まると。

 その通りです。これの面白いのは、アメリカ社会の裏側、白人社会の本音が次々と出てくるところです。実際、バノン逮捕の翌日にはシカゴでQアノンのデモが起こっています。しかし、デモ参加者はどう見てもQアノン系じゃないんですよ。Qアノンだったら絶対に持つイーグルの旗とか持ってないし、黒い服を着てるんですね。これってアンティファなんですよ(笑)。多分、オバマ系の極左が仕掛けていることはほぼ間違いありません。

 こういう杜撰な仕掛けも含めて、トランプ派とバイデン派、極右と極左は選挙当日まで鍔迫り合いを続けます。ハッキリ言いまして、この2カ月、3カ月はアメリカから目を離してはいけません。アメリカの真実が、アメリカの裏側が丸見えになる、またとない、いい機会ですから。 3
夜更かしなピンクさん 2020/08/30(日) 00:06:09 ID: 裏にはロシアと中国がいる。 4
夜更かしなピンクさん 2020/08/30(日) 00:09:40 ID: USPSを味方に引き入れておけば、大統領選挙の郵便投票で不正がしやすいもんね。 5
夜更かしなピンクさん 2020/08/30(日) 00:13:49 ID: とシナの工作員がもがくが失敗 6
夜更かしなピンクさん 2020/08/30(日) 00:17:42 ID: なんだよ独占予言て? 新着レスの表示

5ちゃんねる勢い速報まとめ トップ > PINKニュース+ > 【衝撃】現役諜報機関関係者が独占予言「3カ月以内にアメリカの醜い裏側が丸裸になる」 バノン逮捕 『闇の情報と米郵便公社USPS』 > キャッシュ - (2020-10-05 06:42:31 解析)

5ちゃんねる勢い速報まとめTwitterアカウント
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼