5ちゃんねる勢い速報まとめ トップ > PINKニュース+ > 【事件】虐待ロリコン島「エプスタイン事件」で英アンドリュー王子逮捕間近!? 証拠セックステープをロシアが入手か[07/10] > キャッシュ - (2020-10-05 06:42:04 解析)

【事件】虐待ロリコン島「エプスタイン事件」で英アンドリュー王子逮捕間近!? 証拠セックステープをロシアが入手か[07/10]

4コメント
2020年12月05日 09時12分 時点
1
逢いみての… ★ 2020/07/10(金) 00:06:58 ID:  リトル・セント・ジェームズ島(通称:ロリコン島)に世界中の政治家やセレブを招き、児童売春を斡旋していた大富豪ジェフリー・エプスタイン。本人は拘置所内で“自殺”したが、この度、エプスタインの共犯者であり、少女たちのスカウト係兼教育係だったギレーヌ・マクスウェルが逮捕されたことで、かねてよりロリコン島の常連として名の上がっていたイギリスのアンドリュー王子に関する決定的な証拠が出てくるのではないかと噂されている。

 しかし、アンドリュー王子が少女たちへの性的虐待を行なっていた証拠は、すでにロシアが入手している可能性がある。実は2019年に、ロシアに政治亡命した米フロリダ州パームツリー郡保安官事務所の元副保安官ジョン・ドゥーガン氏が、アンドリュー王子のセックステープを所有しており、そのことを英諜報機関MI6が恐れているというニュースを英紙「The Times」が報じているのだ。

 だが、このニュースには2つの奇妙な点があった。1つは、一介の保安官がこれほどの重要情報をなぜ持っていたのかということ。2つ目は、なぜロシアに亡命できたのかということだ。

 まずは、2つ目の点から。そもそもドゥーガン氏が、ロシアに亡命した理由は、表向きエプスタインとはなんの関係もない事情だった。ドゥーガン氏はパームツリー郡保安官事務所を2006年ごろに辞め、同事務所の腐敗と人種差別を告発した暴露本『BadVolf』を出版しているが、ドゥーガン氏のウェブサイト「BadVolf」によると、そのことが原因でFBIによる家宅捜索を受け、2016年にロシアへ亡命したという。

 しかし、そんな理由でロシアがドゥーガン氏を受け入れるメリットがあるだろうか? その理由を推測するためには1つ目の謎の背景を知る必要がある。エプスタインは、フロリダ州パームビーチの邸宅で少女らに金を払い、性的な行為をしたとして2006年に起訴されたが、「BadVolf」によると、この時の捜査を担当したのがドゥーガン氏の友人であったパームビーチ市警察の警官ジョー・レカリー氏だった。

 レカリー氏は2009年頃に自身が持つエプスタイン関連の捜査資料を全てスキャンして保存しておくようドゥーガン氏に頼んだそうだ。ドゥーガン氏はファイルの中身を見たことはなかったそうだが、これを保管していたコンピューターは2016年FBIに没収されたという。ただ、ドゥーガン氏はそれとは別にバックアップを用意しており、その存在にFBIは気づかなかった。

 つまり、FBIがドゥーガン氏の家宅捜索を行なったのは、エプスタイン関連の捜査資料を狙ってのことだったと推測できる。そして、ドゥーガン氏の方も、ファイルのバックアップを持っていたため、そのネタをもとにロシアに亡命できたのではないだろうか?

 しかし、ドゥーガン氏は亡命後もエプスタインに関係した資料を持っているということは口にしなかった。『BadVolf』の映像化のためドゥーガンとコンタクトを取っていた映像作家のロン・チェプシウク氏も、ドゥーガン氏がエプスタインの捜査資料を持っていることは「The Times」の報道があるまで知らなかったと、ジャーナリストであるショーン・アットウッド氏のYouTubeチャンネルで語っている。

 とこで、ドゥーガン氏が持つ資料に、本当にアンドリュー王子に関わるものがあるのだろうか?

 チェプシウク氏は『BadVolf』の件で2019年にモスクワのドゥーガン氏を訪問した際に、エプスタインの捜査資料を少しだけ見せてもらったという。それは若い女性と年配の男性がセックスをしている盗撮映像だったそうだ。ただ、その人物がアンドリュー王子かどうかまでは分からなかったという。

 それでも、英諜報機関のMI6はドゥーガン氏を危険視している兆候が見られるという。ドゥーガン氏は知らない車に尾行されているとチェプシウク氏に語り、命の危険があるのではないかと恐れていたという。

 このドゥーガン氏の恐れこそ、彼がアンドリュー王子に関わる決定的な証拠を持っている証かもしれない。

続く

以下ソース
https://tocana.jp/2020/07/post_162639_entry.html

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/
2
逢いみての… ★ 2020/07/10(金) 00:07:09 ID:  というのも、政治情報サイトによると、エプスタインの事件を追ったレカリー氏は2018年に進行の非常に速いガンにより50歳で死亡しており、その1カ月前にはエプスタインの被害者の代理人を務めた弁護士のアラン・ロス氏が同じく進行の速いガンにより68歳で死亡、さらには、エプスタインのセックストイを掃除していたと言われる家政夫のアルフレッド・ロドリゲスも2015年に60歳で同じようなガンを患い死亡しているという。ロドリゲスの妻は暴露本において、「夫はアンドリュー王子の全てを知っていた」と指摘しており、エプスタインとアンドリュー王子の関係を知る人物が次々と消されている可能性があるからだ。

 だが今回、エプスタインの共犯者であるギレーヌ・マクスウェルが逮捕されたことで、ドゥーガン氏も自らの持つ情報の公開に踏み切るかもしれない。そして、ロシア政府がこの情報をどう利用するかも注目だ。今後もますます目が離せない。 3
夜更かしなピンクさん 2020/07/10(金) 00:15:05 ID: なんでよりによって露の手に 4
夜更かしなピンクさん 2020/07/10(金) 00:15:33 ID: 高名の依頼人だっけ 新着レスの表示

5ちゃんねる勢い速報まとめ トップ > PINKニュース+ > 【事件】虐待ロリコン島「エプスタイン事件」で英アンドリュー王子逮捕間近!? 証拠セックステープをロシアが入手か[07/10] > キャッシュ - (2020-10-05 06:42:04 解析)

5ちゃんねる勢い速報まとめTwitterアカウント
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼