5ちゃんねる勢い速報まとめ トップ > PINKニュース+ > 【科学】動物の第六感を使った「地震予知」に初成功! 科学が『オカルト』を証明してしまう[07/08] > キャッシュ - (2020-09-24 00:21:03 解析)

【科学】動物の第六感を使った「地震予知」に初成功! 科学が『オカルト』を証明してしまう[07/08]

4コメント
2020年12月01日 15時00分 時点
1
逢いみての… ★ 2020/07/08(水) 00:38:24 ID: https://nazology.net/wp-content/uploads/2020/07/a576e109d17b625dc1df559232eb050c.jpg
人類は長年、過去の人々の記した動物と地震にかかわる記録をオカルトだと決めつけていた/Credit:mdpi

現在の機械的な測量技術では、いつどこで地震が発生するかを予想できません。

専門家のなかには、地震の発生を正確に予測できるとする考え自体が間違いであると考える人もいます。

しかし、多くの目撃者が時代を超えて、巨大な地震の前に動物たちが異常な行動をとると報告しています。

最も古い文献では、紀元前373年のギリシャのものであり、伝えるところによれば、大地震が起こる数日前に、家からネズミ、イタチ、ヘビ、ムカデが逃げ出したとあります。

またポンペイの火山遺跡(西暦79年の火山噴火で壊滅)から見つかった絵には上の図(左)のように「落ち着きのない2匹の鳥」「興奮して暴れる蛇たち」「吠える犬」が描かれています。

さらに1976年に中国で発生した唐山地震の前には、2000を超える動物の異常行動が報告され、上の写真(右)のように犬が狂暴化し、ネズミが電線を渡って逃げていく様子も写されました。

そこで、マックスプランク動物行動研究所およびコンスタンツ大学の研究者は国際協力プロジェクトを発足させ、牛、羊、犬が実際に地震の初期兆候を検出できるかどうかを科学的に調査しました。

結果は…科学が「オカルト」を証明する事態になってしまったようです。

https://nazology.net/wp-content/uploads/2020/07/6ba54746049d9561007c12933c061d04.jpg
地震に敏感だと考えられる13匹の動物を地震頻発地区であるイタリア中部に配置した/Credit:Ethology

地震発生前の動物たちの異常行動については、数多くの報告が存在するのは事実です。

しかし、そもそも「異常」の定義があいまいであり、観察期間も観察方法も定量化されたものではありませんでした。

そのため長年、科学者たちは、地震と動物の関係はオカルトに過ぎないと考えてきたそう。

しかしドイツ、コンスタンツ大学のウィケルスキー氏らは、数々の記録を無視する科学者たちのほうこそが「オカルト」であると考え、大規模な実験を行ったとのことです。

ウィケルスキー氏はオカルト情報を元に、以前の地震で異常行動をみせたと言われた13匹の動物(牛6頭・羊5頭・犬2匹)の首輪に加速度計を取り付け、地震多発地帯と言われるイタリア中部で数か月に渡る観察を実施しました。

この期間中、該当地であるイタリア北部では18000件の地震が計測され、そのうち震度4以上の強度は12回あったそうです。

また客観的な基準を確立するためにウィケルスキー氏は動物の昼夜の行動を元に「異常」な動きを定量化し、統計的な処理を行いました。

https://nazology.net/wp-content/uploads/2020/07/5808af40261a25a9b8fe8c3b909ff0a1.png
距離に依存する何かを動物たちは感じ取っている/Credit:Ethology

結果、地震発生の最大20時間前に動物たちの異常な行動が記録され、震源地に近いほど異常行動があらわれる時間が早いことが判明しました。

科学がオカルトを証明した瞬間です。

https://nazology.net/wp-content/uploads/2020/07/6deeb70bfe8f34f741ce595e0752ed95.png
人類初の生物学的地震予知が成功した/Credit:Ethology

ウィケルスキー氏は「震源地に近いほど早く異常行動がみられる」という動物の性質を利用して、上のような早期警戒システムを考案しました。

この図では震源地に最も近い動物が18時間前、10キロ離れた場所では10時間前、20キロ離れた場所では2時間前に異常行動を示すことが示されています。

ウィケルスキー氏は、この動物たちの震源地からの距離に依存した反応の差を利用して、地震発生までのカウントダウンが行えると考え、実際に試験も実施しました。

試験では、動物たちの異常行動が45分間以上記録された場合に警報が鳴るように設定されます。

続く

以下ソース
https://nazology.net/archives/64061

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/
2
逢いみての… ★ 2020/07/08(水) 00:38:34 ID: そしてある日、実際に動物による警報が鳴り、その3時間後に小さな地震が記録されました。

この時の地震の震源地は、家畜小屋の真下だったとのこと。

3時間あれば、多くの人は、ガス栓を閉めて、屋外に安全に避難できるでしょう。

https://nazology.net/wp-content/uploads/2020/07/83377cecaa83903f8305a7a0320ea702.png
人間の感じられない五感以外の何かを動物たちは感じている。唐山地震の時は特に蛇の異常行動が多く報告された/Credit:mdpi

今回の研究により、動物たちは震度計に揺れが実際に計測されるより前に、揺れ以外の何かを感じ取っていたことを示します。

以前の研究では、地震発生地点では地殻や地層の歪みが、地震発生前にも熱(特に赤外線)に変換され、動物たちは大地から発する赤外線の変化を感じている可能性が示唆されました。

磁場や赤外線といった人間には感じられない感覚を感じられる生物は少なくありません。

もし研究が進み、動物たちの感じている「何か」を機器で計測することができれば、今度こそ本当に地震を予知することができるかもしれません。

研究内容はドイツ、マックスプランク動物行動研究所のマーティン・ウィケルスキー氏らによって7月3日に学術雑誌「Ethology」に掲載されました。 3
夜更かしなピンクさん 2020/07/08(水) 00:53:35 ID: 雉はガチ

直前だけど 4
夜更かしなピンクさん 2020/07/08(水) 00:57:56 ID: うちの猫は平気みたいです 新着レスの表示

5ちゃんねる勢い速報まとめ トップ > PINKニュース+ > 【科学】動物の第六感を使った「地震予知」に初成功! 科学が『オカルト』を証明してしまう[07/08] > キャッシュ - (2020-09-24 00:21:03 解析)

5ちゃんねる勢い速報まとめTwitterアカウント
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼