5ちゃんねる勢い速報まとめ トップ > PINKニュース+ > 【社会】「ポーズを取りたいだけの対応」「自粛求める空気」「不謹慎狩り」… 新型コロナ禍 日本に蔓延する『体育会系ウイルス』 > キャッシュ - (2020-04-16 01:11:24 解析)

【社会】「ポーズを取りたいだけの対応」「自粛求める空気」「不謹慎狩り」… 新型コロナ禍 日本に蔓延する『体育会系ウイルス』

3コメント
2020年11月24日 03時32分 時点
1
逢いみての… ★ 2020/02/29(土) 23:14:17 ID:  確かに政府の対応は遅きに失しているが、問題はそれだけでもないだろう。新型コロナウイルスに揺れる日本社会について、コラムニストの石原壮一郎氏が指摘する。

 * * *

 新型コロナウイルスをめぐる騒動が、たいへんなことになっています。ひとりひとりの用心と対策が大切なのは言わずもがな。それはそれとして、コロナ関連のニュースを見ていると、「この光景はどこかで……」と既視感を覚えることがあります。

 ノロくてピントがずれている政府や役所の動き、実際の効果は二の次で「いちおうやりました」というポーズを取りたいだけの対応、「自粛」を求める空気と「不謹慎狩り」の盛り上がり……などなど。このあたりは、もはや日本のお家芸と言っていいでしょう。

 なぜ同じことが繰り返されるのか。先日、なるほどそういうことだったのかと膝を打つ本が出ました。日独ハーフのエッセイストで多くの著書を持つサンドラ・ヘフェリンさんの最新刊『体育会系 日本を蝕む病』(光文社新書)です。子ども時代は日本とドイツを行き来し、学校を卒業してから20年以上ずっと日本で働いているサンドラさんに、「体育会系」がどんなふうに日本を蝕んでいるかを聞きました。

「新型コロナウイルスの拡大はもちろん深刻です。それとは別に、日本にはもともと『体育会系ウイルス』が蔓延していて、今回のような問題が起きたときには、そのウイルスが事態をより悪化させているんじゃないでしょうか」

 この本で言う「体育会系」とは、スポーツをしているかどうかとは関係ありません。現状に疑問を抱くことを許さず、とにかく「やればできる」という根性論を押し付けて、空気を読んでまわりに合わせることを求め、うまくいかなかったら「お前の頑張りが足りない」と個人の責任にしてしまう構造のこと。日本に蔓延しているそんな構造が、いかに学校や会社をブラックにし、女性に無理を強いる社会や、みんながお互いに足を引っ張り合う社会を作っているかを解き明かしています。

「ダイヤモンド・プリンセス号で業務にあたっていた厚生労働省などの職員が、ウイルスの検査を受けずに職場に復帰したというビックリな報道がありました。検査をしなかったのは『陽性者が多く出た場合の業務への影響などを考慮した』からだなんて、呆れて声も出ません。まさに日本の組織の体育会系っぷりを象徴する出来事だと思います」

 その後、批判の影響で(?)何割かは2週間の自宅待機にしたようですが、実際に職員の中から感染者が確認されました。下船した人をバスで駅まで運んで、「あとはこっちの責任ではない」とばかりに、そのまま公共交通機関で帰したことも問題視されています。

「新型コロナウイルスが日本に入ってきた最初の頃は、熱があったのに無理に出張に行った会社員がいたことも話題になりました。日本には『風邪ぐらいで会社を休むな』『風邪は病気のうちに入らない』という風潮があります。今の時点でも、少しぐらい熱があってもそれを隠して出社している人はいるでしょう。仕事がいちばん大事、何があっても会社や同僚に迷惑をかけてはいけない、ほとんどの人はその前提から抜け出せません」

 有給休暇を取りづらいのも、男性の育児休業が広まらないのも、体育会系な暗黙のプレッシャーが原因だと、サンドラさんは言います。働く女性が出産する場合も、周囲に遠慮しなければなりません。子育て中の女性もしかり。それでいて偉い人たちは女性に責任と頑張りを押し付けています。そんな状況で出生率が上がるわけがありません。

 どうやら私たちは、新型コロナウイルスの拡大を抑えるためにも、ブラックな働き方や女性差別や同調圧力といった日本の諸問題をいい方向に変えていくためにも、社会やひとりひとりの心の中に巣食っている体育会系ウイルスを撃退する必要があるようです。

続く

以下ソース
https://www.news-postseven.com/archives/20200229_1544764.html

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/
2
逢いみての… ★ 2020/02/29(土) 23:14:26 ID:  体育会系がもたらす「負の連鎖」を断ち切るには、どうすればいいのか。

「今の日本社会は、とにかく楽をさせたがらない、楽を悪だと考える社会なんだと、まずは頭の片隅で意識したいですね。その上で、自分がなるべく楽をすることを考える。具体的には、有休をちゃんと取るとか、体調が悪いときは休むとか、今の会社が“ブラック”だと思ったらさっさと辞めるとかですね。逃げるのは悪いことではありません。頑張っても仕方がないところで頑張るなんて、自分を粗末に扱い過ぎです」

 自分に我慢を強いるだけでなく、他人の「楽」や「得」を許さないのも、体育会系の困った特徴のひとつ。今日もネットやSNSでは、自分より恵まれているように見える人のアラ探しをして、不毛なバッシングに情熱を燃やしている気の毒な人がたくさんいます。「近ごろの若者は」と文句ばっかり言っているオヤジや、自分を正当化しながらパワハラに精を出すオヤジも少なくありません。

「自分がつらい目に遭っていると、他人の『楽』や『得』が許せなくなります。長い有給を取った後輩にムカついたり、芸能人の不祥事に本気で腹が立ったりしたときは、自分が理不尽につらい状況に置かれているんじゃないかと疑ってみたほうがいい。他人のことにやたらムカついてしまうのは、体育会系ウイルスが暴れ出す初期症状です」

 自分の状況を見直して、無理な我慢や頑張り過ぎを早めに改善できれば、不毛な怒りに包まれるというタチの悪い症状を抑えられます。自分が楽な状態にないと、他人にやさしくしたり大らかな目を向けたりすることはなかなかできません。

「ハーフの私が批判的なことを言うと、『そんなに日本が嫌なら日本から出ていけ!』という声が飛んできます。私は日本を愛していて、これからも日本で暮らしたい。だから、ふたつのルーツを持つ私の目で見て感じた疑問を伝えて、少しでも役立ててほしいんです」 3
夜更かしなピンクさん 2020/02/29(土) 23:18:38 ID: アベが失敗しようが成功しようが、社会は大きく変わる
これまでの日本のひずみの根本を自覚することになる
それの余波を大きく受けるのはサヨクだろうな 新着レスの表示

5ちゃんねる勢い速報まとめ トップ > PINKニュース+ > 【社会】「ポーズを取りたいだけの対応」「自粛求める空気」「不謹慎狩り」… 新型コロナ禍 日本に蔓延する『体育会系ウイルス』 > キャッシュ - (2020-04-16 01:11:24 解析)

5ちゃんねる勢い速報まとめTwitterアカウント
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼