5ちゃんねる勢い速報まとめ トップ > PINKニュース+ > 【衝撃】19年の『エコノミスト』誌が「新型コロナウイルス」を完全予言していた! 裏にロスチャイルド家と米長官の意味深発言[02/22] > キャッシュ - (2020-02-24 15:19:41 解析)

【衝撃】19年の『エコノミスト』誌が「新型コロナウイルス」を完全予言していた! 裏にロスチャイルド家と米長官の意味深発言[02/22]

5コメント
2020年11月25日 19時14分 時点
1
逢いみての… ★ 2020/02/22(土) 01:21:56 ID: https://tocana.jp/wp-content/uploads/2020/02/pangolin_01.jpg

 世界中の政治家からビジネスパーソンまで、その確かな分析能力に厚い信頼を寄せているイギリスのロスチャイルド系政治経済紙『エコノミスト(The Economist)』。マイクロソフト社創設者のビル・ゲイツ氏は『The Economistしか読まない』と公言しているほどだ。

『The Economist』の驚異の分析力と予言力がいかんなく発揮されるのが毎年年末に発刊される『世界はこうなる』シリーズである。その意味深長な表紙デザインに未来の世界情勢が暗示されているとして陰謀論界隈では有名であり、これまで仮想通貨の出現、ノートルダム大聖堂の火災などことごとく的中させ、その実績は折り紙付きだ。

 そして、いま世界で猛威をふるっている新型コロナウイルスの出現さえも完璧に予言していたことが明らかになったのだ。オルタナティブニュースサイト「Before It’s News」(2月18日付)が報じている。

 問題となるのは『世界はこうなる』2019年版の表紙である。レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500周年を記念して、「ウィトルウィウス的人体図」をモチーフにしている。新型ウイルスの出現に関係しているのは、中央付近に描かれた目つきの悪いパンダである。パンダは中国の象徴、目つきの悪さは習近平国家主席を象徴している。

 さて、この不機嫌なパンダが見つめている先に、ある動物がいる。全身を鱗に覆われたアルマジロのような生き物である。表紙デザイン発表当時、この生物の解釈は困難を極めた。この他にも表紙には多くの動物が描かれているが、それぞれに意味がある。ゾウはインド、その牙はインド経済の好調を暗示。ブルドッグはイギリスの国犬、ブレグジットに関する話題。コウノトリはバーコードを運んでおり、QR・バーコード決済を暗示していると考えられた。

 だが、このアルマジロには対応するものがない……。その真相が明らかになったのは、本紙が発売されてからだった。実はこの生物はアルマジロではなく、センザンコウだったのである。野生動物取引サミットを意味していたのだ。

 不機嫌な顔でセンザンコウを見つめる習近平パンダ……。これで、やっと意味が明らかになった。新型ウイルスはコウモリからヒトに感染した説が濃厚であるが、今月7日に、コウモリからセンザンコウを介してヒトに感染した可能性が指摘されているからだ。南アジアから中国・台湾、アフリカにかけて生息するセンザンコウは特に中国で食材・薬剤の原料として取引されているが、新型ウイルスの発生場所と見られている武漢華南海鮮卸売市場でも、コウモリに加え、センザンコウが売買されていたと見られている。

 つまり、『世界はこうなる』2019年版の表紙は、1年以上も前からセンザンコウ由来の新型ウイルスが中国で流行することを暗示していたのである。ここまで来ると、もはや予想していたというより、闇の勢力が意図的に引き起こすことをロスチャイルド家は事前に知っていたと見た方が良いかもしれない……。

 いや、そうだとしか考えられない。1月末にウィルバー・ロス米商務長官が、新型ウイルス流行により米国経済が潤うと発言していたからだ。

「まずはSARS(重症急性呼吸器症候群)、そしてアフリカ豚コレラもあった。今回は新型コロナウイルスで、これは人々が考慮せざるをえない新たなリスク要因だ。結果として、北米への雇用回帰は加速すると思う。アメリカだけでなく、メキシコにも雇用は戻るだろう」(「ニューズウィーク日本語版」1月31日付)

 ロス商務長官は長年ロスチャイルド系銀行に勤めてきたロスチャイルド家の飼い犬である。彼の発言にはロスチャイルド家の意向が反映されていると見るべきだ。

続く

以下ソース
https://tocana.jp/2020/02/post_145546_entry.html

★関連板★
■えっちな話題なら”ピンクニュース”
http://mercury.bbspink.com/hnews/
■新作AV情報なら”AV情報+”
http://mercury.bbspink.com/avplus/
2
逢いみての… ★ 2020/02/22(土) 01:22:04 ID:  恐ろしいことに『世界はこうなる』2019年版表紙には日本に直接関係しているものも描かれている。不機嫌パンダの上に描かれた「富士山」だ。こうなると富士山の噴火をロスチャイルド家が狙っている可能性がある。これについては、過去記事で詳しく扱っているのでご覧頂きたい。

https://tocana.jp/2019/02/post_85702_entry.html

『世界はこうなる』シリーズがロスチャイルド家の行動計画(アジェンダ)であることはほぼ間違いないだろう。世界の未来は全てここに描かれている。関心のある読者は、2020年版表紙を解読した過去記事も併せてご覧頂きたい。

https://tocana.jp/2019/12/post_133982_entry.html 3
夜更かしなピンクさん 2020/02/22(土) 01:25:28 ID: エコノミスト、俺も読んでるよ
単語難しいけど・・・年に1回くらいしかお目にかからない言葉だらけ 4
夜更かしなピンクさん 2020/02/22(土) 01:26:46 ID: 知ってた。
中国共産党が自国民である中国人の遺伝子に
コロナウイルスを発症する遺伝子を組み込んで
世界各国へ旅行させていることも全部知ってたよ。 5
夜更かしなピンクさん 2020/02/22(土) 01:27:54 ID: そんな雑誌に漏れてるザルな陰謀ではどうしようもないだろ。 新着レスの表示

5ちゃんねる勢い速報まとめ トップ > PINKニュース+ > 【衝撃】19年の『エコノミスト』誌が「新型コロナウイルス」を完全予言していた! 裏にロスチャイルド家と米長官の意味深発言[02/22] > キャッシュ - (2020-02-24 15:19:41 解析)

5ちゃんねる勢い速報まとめTwitterアカウント
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼