5ちゃんねる勢い速報まとめ トップ > エロゲー > 【アンチ】寝取られアンチスレ part40【NTR】 > キャッシュ - (2020-03-15 23:07:10 解析)

【アンチ】寝取られアンチスレ part40【NTR】

560コメント
2020年05月26日 09時04分 時点
1
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (ワッチョイW 432f-ddk+) 2020/02/17(月) 16:03:40 ID: !extend:on:vvvvv:1000:512

※注意※
建てる時は本文の1行目に
!extend:on:vvvvv:1000:512
を貼り足してextend残弾を補給して下さい。(ワッチョイ無しのスレは破棄)

ここは寝取られ関連のアンチスレです。

寝取られ嫌いの方やその他の寝取られ関連の事柄に文句がある方。
寝取られ好きの方も居る可能性のある他のスレでの寝取られの批判を行うと、寝取られ好きとの言い争いによってスレが荒れる原因になりかねますので
寝取られ嫌いの方はできればこのスレで寝取られ関連の批判や文句を行なってください。
寝取られ関連では無いものへの批判はスレチであり基本的にNGです。
寝取られに関係のない話題も控えてください。

ごく一部にNTRを『寝取り』の略称として使用する方がいるようですが、このスレではスレタイにもある通り、
一般的な使用例に準じてNTRを『寝取られ』の略称として使用します。
『寝取り』の略称としては使用しません。
尚、寝取られの定義については人それぞれであり、また定義についての話題は定義の決めつけなどで荒れるためスレチであり基本的にNGです。

寝取られ好きの方、もしくは寝取られ厨の方は、ここはスレッドタイトルに書いてあるとおりのアンチ寝取られなのでお帰りください。
荒らし、煽りに対してはできればスルーなどで対処してください。

アフィブログなどへの無断転載は禁止です。
スレ立ては>>970が宣言し立てること。 VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:: EXT was configured
2
名無したちの午後 (ワッチョイW 432f-ddk+) 2020/02/17(月) 16:05:30 ID: ★★★過去やらかした事のある危険メーカーリスト★★★

<殿堂入り>
アトリエさくら elf ルネTeamBitters LiLiM ORCSOFT アストロノーツ BlackLilith アリスソフト
SPEED Flyingshine エレクトリップ Potage ZION スタジオポーク Guilty TEATIME KISS
ANIM.teamMMと過去の低価格 

<回避推奨>
ニトロプラス CYCLET MinkEGO  フェアリーテール KISS あせろらぷらす
BlackCyc Frill Liquid 濡汁 シルキーズSAKURA アイル コンプリーツ 幻遊郷
InnocentGrey seal ディーゼルマイン ピンポイント Miel POIZON ファントムソフト
Bonk!GAME STUDIO

<様子見>
スワン CLOCKUP BISHOP age フロントウィング noesis light TinkerBell
BLACKRAINBOW WAFFLE アトリエかぐや インターハート アクアプラス 3
名無したちの午後 (ワッチョイW 432f-ddk+) 2020/02/17(月) 16:07:34 ID: 荒らしの助長になっているので以下の行為を禁止します
 ・政治(人種)を絡めた中傷
 ・殺害、暴力を仄めかす過激な表現
 ・不要な連投
※荒らしの特徴
 ・上記のような品性を欠くレスを繰り返し投下
 ・「俺たち処占は~」「俺たちにとってハーレムが~」といった成りすまし・決めつけと煽り画像レス
 ・NTR本スレに当スレのレスを転載する自演行為 4
名無したちの午後 (ワッチョイ b39b-92he) 2020/02/18(火) 07:48:33 ID: 乙です 5
名無したちの午後 (ワッチョイ c3ae-TMio) 2020/02/18(火) 14:37:38 ID:

NTR物を純愛物に修正してくれるアプリか何かを誰か作ってくんねえかな 6
名無したちの午後 (ワッチョイ a39d-JWNa) 2020/02/18(火) 15:37:01 ID: むしろ寝取られ物を自動で回避するツールが必要だと思うなあ 7
名無したちの午後 (アウアウウー Saa7-UDtL) 2020/02/18(火) 15:38:13 ID: 鬼畜好きとNTR好きは同類でーす

ダブスタ野郎はスレから消えてくださーい



>>307
「くせに」って言い方したのも↑が理由だよ
似た系統の胸糞ジャンルだと思ってるからこそ「寝とられ嫌いと言いながら鬼畜好きだったらNTR厨と同類じゃねえか」って怒りと嫌悪がある

こういう言い方したらお前の考える鬼畜の定義を言え~ってやつが現れるかもしれないが、先に言っておくと重要なのは「鬼畜」って単語じゃなく「胸糞」の方だ
NTRという胸糞ジャンルを嫌いながら一方で別の胸糞ジャンルを支持するようなやつは例えNTRを嫌っていようと「NTR厨の同類」で嫌悪の対象
これを言いたかった 8
名無したちの午後 (ワッチョイ e368-92he) 2020/02/18(火) 15:47:04 ID: 前スレ>>994でも言われてたけど広告の仕様がやっぱそうなんだよなぁ
サイトの設定云々で関係ないとか言ってるやつも居たけどさ
ミスって広告踏んだら他の情報で埋め尽くしても偶に出てくるしそもそもそこまで行くまでにずっと出やがるからなぁ 9
名無したちの午後 (ササクッテロル Spc7-VeXK) 2020/02/18(火) 18:27:42 ID: >>7
NG推奨

ここは「寝取り」に関してのアンチスレ
援護に見せかけて「ダブスタ」、「NTR厨の同類」って一々煽る必要無いし
他ジャンル巻き込んでのテンプレ対立煽りにしか見えない 10
名無したちの午後 (ワッチョイ a39d-JWNa) 2020/02/18(火) 19:09:02 ID: >>9
スレタイよく読んで
ここは
【アンチ】寝取られアンチスレ part40【NTR】
です。
寝取りも、陵辱も調教も強姦も基本関係ございません 11
名無したちの午後 (ササクッテロル Spc7-VeXK) 2020/02/18(火) 19:16:00 ID: 「られ」だったか、失敬
対立煽りに重点を置きすぎていた 12
名無したちの午後 (ワッチョイ 4367-JWNa) 2020/02/18(火) 19:30:50 ID: そもそも対立煽りですらなく
寝取られ中のトンチンカン認定を否定してる文章に見えるんだけどな 13
名無したちの午後 (ワッチョイW 432f-STPJ) 2020/02/18(火) 19:35:32 ID: 日本語って難しいな 14
名無したちの午後 (ワッチョイ d32f-6zTz) 2020/02/18(火) 19:36:24 ID: つーか、前スレのコピペだしな
ただの荒らしですって自白してるようなもんだ 15
名無したちの午後 (ワッチョイ 4367-JWNa) 2020/02/18(火) 19:38:56 ID: 寝取られ厨ってほとんどが頭悪いうえに、整合性のとれない感情的で衝動的な動物に近いアホばっかりなので
なにを言いたいのかすらわからん時があるんだよな 16
名無したちの午後 (ワントンキン MM9f-npA7) 2020/02/18(火) 19:43:17 ID: 寝取られ・寝取り関係総合アンチスレ エロゲー板 [無断転載禁止]&#169;bbspink.com
https://5ch.live/cache/view/hgame/1573908302

このスレでは寝取りも含む寝取られ関連の属性アンチっぽいから、ここで議論したほうがいいんじゃない

過去に他の性癖を引き合いに出して○○好きな奴はNTR厨と同レベルみたいな感じで荒れたから止めたほうがよいよ
ここは寝取られはNGでも他の性癖に対しては許容できる人も多いからさ 17
名無したちの午後 (ワントンキン MM9f-npA7) 2020/02/18(火) 19:44:22 ID: 過去に~のくだりからはこのスレの話ね、寝取り寝取られアンチスレの話ではないです 18
名無したちの午後 (ワッチョイWW ff78-VeXK) 2020/02/18(火) 19:49:03 ID: 前スレでも言われてるけどこういう曖昧な話になる(馬鹿どもが他のジャンルとも無理矢理統合させた)からこのゴミジャンル嫌いなんだよね
イキってる同人屋もゴミだし 19
名無したちの午後 (ササクッテロ Spc7-VeXK) 2020/02/18(火) 20:05:36 ID: 失礼しました、仕事で疲れて盲目になってたみたいです。見直したらおかしな事書き込んでました
もう二度とこのスレには足を踏み入れないので>>11>>9の事は忘れてください、本当に申し訳ない 20
名無したちの午後 (ワントンキン MM9f-npA7) 2020/02/18(火) 20:11:24 ID: そこまで気負うことはないと思いますよ(´・ω・`)
21
名無したちの午後 (ワッチョイ 6392-Fqlr) 2020/02/18(火) 20:39:24 ID: NTR厨は暴れて謝る事は絶対にしないゴミクズなので 22
名無したちの午後 (ワッチョイW 432f-STPJ) 2020/02/18(火) 20:44:30 ID: 使えなくなったらボロ雑巾みたいに捨てて触れなくなるからな 23
名無したちの午後 (ワッチョイWW ff78-VeXK) 2020/02/18(火) 20:48:45 ID: 確かに二度とこないは重く受け止め過ぎかな?
荒らすだけ荒らして謝らないゴミ供より全然良い 24
名無したちの午後 (ワッチョイW 6392-VetI) 2020/02/19(水) 02:58:31 ID: 脳を修復するために優しい画像をーとか言ってるガイジいるけど
壊れた脳が修復される事なんて無いから脳壊れたキチガイは一生NTRでシコっててくれ

不快だから戻ってこようとするな 25
名無したちの午後 (ワッチョイ b39b-92he) 2020/02/19(水) 08:06:29 ID: 単純に凌辱っていうんなら受け入れるけど彼女を変な手段で横取りしてマウントとってくるものになると悪趣味で不快だから
そこら辺の線引きさえあれば…要するに凌辱なら彼氏とか普通の女の子だったらちゃんと助けを求めるだろうってこと 26
名無したちの午後 (ワッチョイ 734c-xrC5) 2020/02/19(水) 11:40:25 ID: 凌辱系って助けを求められるようなチャンスを与えるのか
彼氏と再び会うことも出来ず心折れて終了じゃない 27
名無したちの午後 (ワッチョイW 432f-STPJ) 2020/02/19(水) 11:59:36 ID: 淫らの郷とかD-Medal的な奴か 28
名無したちの午後 (ワッチョイ 734c-xrC5) 2020/02/19(水) 12:28:27 ID: >>25
これで思ったが胸糞だがそりゃ折れても仕方が無いって寝取られは彼氏からヒロインへの信頼の方を失わせて絶望させるとかだろうか
つまり彼氏に助けを求めてももうお前の事なんか知らん顔も見たくないって言われるだけにする
何か脅迫系だとオチとして有りそうな気がする 29
名無したちの午後 (JPW 0Hc7-mxfg) 2020/02/19(水) 14:54:25 ID: 浮気モノの作品の中で間男に靡いて最後に間男ごと制裁、罰を食らって
間男にも見捨てられてゴミ女が元鞘に無理やり戻ろうとしてのそれで現実を突きつけられてendなら最高

三流以下の乱雑されたNTRだと
「間男チンポキモちんぽ~んほォ~アヘアヘ~浮気しても罪にならない~ちんぽナンバーワン~法律なんかちんぽ~世界を決めるのがちんぽ~(頭パー)」
で終わりなのが本当気持ち悪いしつまらないしクリエイターとしての底が見える 30
名無したちの午後 (JPW 0Hc7-mxfg) 2020/02/19(水) 14:55:34 ID: ちんぽちんぽ書いてたら気持ち悪くなってきたわ 31
名無したちの午後 (ワッチョイW c3ae-l776) 2020/02/19(水) 15:06:58 ID: 本当に酷い胸糞は見てるだけで動悸が酷くなるばかりだし
性的興奮どころ性欲すら失せるから本当にきつい

普通に健康に悪すぎる 32
名無したちの午後 (アウアウウー Saa7-CVYF) 2020/02/19(水) 15:57:04 ID: NTRとか特殊性癖好きは結局のところ性癖でマウント取るやつらが目立ち過ぎて本当にしょうもない
常に喧嘩腰なのは何故なのか
これが好きとか言ったら浅いとか素質あるよとかお前にはまだ早いとか修行しろとか現実で関わりたくないとか何仙人ぶってんだろ… 33
名無したちの午後 (スップ Sd1f-0IF/) 2020/02/19(水) 16:06:15 ID: >>32
イギリスの心理学研究によって、精神的に健康な人間より鬱病になってる人間の方が暗く悲惨な物をユーモアと認識しやすくなるって説が最近発表されてた
それを面白く感じたり、だから面白いんだろと他人に押し付けるように掲示板とかに貼ったりするとかなんとか 34
名無したちの午後 (ワッチョイ 6392-Fqlr) 2020/02/19(水) 17:09:54 ID: 要するに非リアなNTR厨が鬱憤晴らしに他人を煽ったり架空のリア充主人公を甚振りたいだけと
まんまこのスレで言われてた事そのまんま

>>32
「性癖が濃い自分は偉い」って意味不明に自信家なオタクあるあるだなあ 35
名無したちの午後 (ワッチョイ 6f53-6zTz) 2020/02/19(水) 20:13:56 ID: >>32
作ってる側もプレイする側も無駄にガイジが多いよな寝取られは 36
名無したちの午後 (ワッチョイW 432f-STPJ) 2020/02/19(水) 20:34:29 ID: 脳が壊れてる癖にハピエン展開にキレる謎
矛盾って怖くね? 37
名無したちの午後 (ワッチョイ a39d-JWNa) 2020/02/19(水) 22:23:59 ID: 寝取られが好きになってガイジに堕ちるのか
もともとガイジなので寝取られなんぞが好きなのか

まあ、いずれにせよ寝取られ周りじゃガイジしかいない 38
名無したちの午後 (ワッチョイ e27a-LhLD) 2020/02/20(木) 07:40:26 ID: というより主人公を真・主人公の間男様がこき下ろして終わりじゃなくて
主人公とヒロインが相思相愛な中。結ばれなかった娘の後日談で幸せになったとか前向きな話を書けばいいのにって思うんだけどね 39
名無したちの午後 (ササクッテロル Spbf-W9cf) 2020/02/20(木) 09:15:07 ID: 自分でそれを考える事が出来るならゴミに手は出さない 40
名無したちの午後 (ワッチョイ 479d-YFee) 2020/02/20(木) 09:26:33 ID: 振り向けば死体の山 by Key
41
名無したちの午後 (ワッチョイW 2fae-1AoT) 2020/02/20(木) 14:28:01 ID: 脳が壊れていると言うより
人間性の 42
名無したちの午後 (ワッチョイW 2fae-1AoT) 2020/02/20(木) 14:30:19 ID: 人間性の方が深刻なレベルで腐っていると言えばいいのか

と言うかまた途中のまま間違って押してしまった… 43
名無したちの午後 (ワッチョイW cf2f-MBQ2) 2020/02/20(木) 15:22:17 ID: 腐ってるから段々と雑誌関係の仕事をしなくなってくからな 44
名無したちの午後 (ワッチョイ 6b4c-EjuY) 2020/02/20(木) 18:36:26 ID: 雑誌関係の仕事? 45
名無したちの午後 (ワッチョイW cf2f-MBQ2) 2020/02/20(木) 19:15:41 ID: 普通にエロ漫画雑誌とかの仕事 
前スレでイキリ呟き晒されてたフエタキシは全く載せなくなったなと思って 46
名無したちの午後 (ワッチョイ c675-BgDz) 2020/02/20(木) 19:47:29 ID: 前スレ終盤でロマサガRSが言われてたけど
あれはファンタジー的な魔王取り憑きであって心を奪われたわけでもないしNTRではないな
それでも妊娠とか表現に使うあたり河津かライターがアホだし
本編はよくても同人とかで主人公との兄妹ものやロビン先生との師弟ものあたりに
でも、魔王がNTRるんですよねとか言ってくる厨が出そうで糞だが 47
名無したちの午後 (ワッチョイ 2fae-z01Y) 2020/02/20(木) 23:12:46 ID: 発想は乏しくネタは無くストーリーと設定と見せ方が全くなっておらず
向上心が無さすぎて自慢の絵すら劣化して出来上がるのは人の皮被ったモンスターばかり

ここまで酷いと使い物にならないどころかもう創作自体をやめた方が良いレベルだし
NTRなんかそれこそ人間性を余計に削ったり腐らせるばかりだから危険すぎる 48
名無したちの午後 (ワッチョイW cf2f-MBQ2) 2020/02/20(木) 23:38:28 ID: そこらが成り立つとスワッピングとかになりそう 49
名無したちの午後 (ワッチョイ fb9b-EqXU) 2020/02/21(金) 08:07:36 ID: >>46
衝撃展開って行きたいんだろうけどメインキャラクターが強制妊娠とか引く人は引いちゃいそうな要素だし
誰得って考えちゃうような展開はだめだろう 50
名無したちの午後 (ワッチョイ 22e5-EjuY) 2020/02/21(金) 23:30:48 ID: 呪術や改造で妊娠状態は鰤やアークザラッド2で見た事あるけど一応シリアスなrpgだが
リユニはあのサガシリーズのキャラ相手に億面なく嫁だの言える変わった萌豚向けも兼ねてるから微妙なとこだ 51
名無したちの午後 (ワッチョイ a3b1-BgDz) 2020/02/22(土) 00:10:24 ID: 微妙も何も、単にその展開がつまらんから叩かれてるんだろ
挙げた例にしたって
アークザラッド2のミリルが母体に改造された展開で喜んだ奴なんか(一部の性癖歪んでる奴以外)いないだろ 52
名無したちの午後 (ワッチョイ 4f67-YFee) 2020/02/22(土) 00:31:07 ID: 萌豚 なんて言葉を使ってる時点で 「ああこの人は」って思っちゃうけどな 53
名無したちの午後 (ワッチョイ f792-RAbG) 2020/02/22(土) 00:43:55 ID: 鰤は性癖爆発させてたけどまんまと劇薬盛られて自滅して殺された上に
苗床にした女はあっさり復活と惨めな末路辿らせてた 54
名無したちの午後 (ワッチョイ 2275-0HQ5) 2020/02/22(土) 02:48:12 ID: アーク2はアニメじゃね?それ
元ゲームは改造されて見た目人間のモンスターにされて人格変えられてたけど母体になったなんて覚えはないぞ 55
名無したちの午後 (ワッチョイ 22e5-EjuY) 2020/02/22(土) 15:15:35 ID: そうだごっちゃになってたわすまん
ヒロインのリーザの方が漫画と違いファンにはクソ評価のアニメの方でされてたな 56
名無したちの午後 (ワッチョイW 4f1b-5Ut8) 2020/02/22(土) 16:34:36 ID: NTR以外で一日に何回シコれんの? 57
名無したちの午後 (ワッチョイ 0e53-BgDz) 2020/02/22(土) 20:59:02 ID: >>56
? 58
名無したちの午後 (ワッチョイ f7a5-i6b2) 2020/02/22(土) 21:22:09 ID: 気付かないフリを、するんだ…… 59
名無したちの午後 (ワッチョイW 4f1b-5Ut8) 2020/02/22(土) 23:29:01 ID: イチャラブじゃ頑張って一回しか無理だけどNTRなら4回は抜けるから純粋に興味あるだけなんだが…
抜けない作品に価値あんの? 60
名無したちの午後 (ワッチョイ 4f67-YFee) 2020/02/22(土) 23:30:44 ID: お、発達障害をもってるキチガイ湧いてきたな
承認欲求のおばけの幼稚なお餓鬼様いらっしゃい
ここはお前の来るところじゃないです、さよならキチガイ
61
名無したちの午後 (ワッチョイW 4f1b-5Ut8) 2020/02/22(土) 23:36:25 ID: でも純愛気取ってるエロゲの方がよっぽど発達障害者御用達じゃね?
あんな都合のいい女がいるわけ?w
きめーよ 62
名無したちの午後 (ワッチョイWW 46fd-q40N) 2020/02/22(土) 23:36:31 ID: NTR好きのマゾ豚が罵ってほしくて誘い受けにきてるのか 63
名無したちの午後 (ワッチョイ bf96-RAbG) 2020/02/22(土) 23:36:57 ID: 疑問に思うところまでは……まぁいいということにするけど
その結果質問するところがアンチスレになるというのが理解不能だわ
純粋な興味とは笑わせる 64
名無したちの午後 (ワッチョイWW 6278-W9cf) 2020/02/22(土) 23:41:14 ID: テンプレすら読めない人はアンチスレでなくともドン引きするわ 65
名無したちの午後 (ワッチョイW 4f1b-5Ut8) 2020/02/22(土) 23:42:24 ID: 語尾にへんなのつけてたり、まんま小学生の合法ロリ先輩や先生がいたり、主人公はイケメンのくせに三枚目ぶって残念イケメンやってたり、脚本の台詞が厨二で痛々しいのばっかじゃないですかー

それ楽しんでるのってどうなんですかー
なんかNTRがキチガイと言われるのムカつくわ
まだエロに素直な方がまし 66
名無したちの午後 (ワッチョイ bf96-RAbG) 2020/02/22(土) 23:42:50 ID: ゴムやキス現場の写真一つで生殺与奪を差し出す女は都合よくないの?www
自分の脳を壊して遊ぶガイジってっやっぱヤベーわ 67
名無したちの午後 (ワッチョイW 4f1b-5Ut8) 2020/02/22(土) 23:43:11 ID: >>64
喧嘩売ってんのになんでテンプレ守る必要あんのさw 68
名無したちの午後 (ワッチョイW 4f1b-5Ut8) 2020/02/22(土) 23:45:18 ID: >>66
だってあれは抜くためのものでしょ?
それでいいじゃん 69
名無したちの午後 (ワッチョイW 4f1b-5Ut8) 2020/02/22(土) 23:49:17 ID: でもさ君望の水月が友達にパコられたとこ興奮したりしないわけ? あ、ふるすぎた?w 70
名無したちの午後 (ワッチョイ 4f67-YFee) 2020/02/22(土) 23:49:20 ID: すっごい幼稚
精神小学生なんだろうね~
くそマイナージャンルにしがみついてる負け犬らしいテンプレ的な態度ですよね

いままで何人か来た事あるけど、全員同じような画一的な反応しかしない完全没個性の量産型異常者だわ 71
名無したちの午後 (ワッチョイW 4f1b-5Ut8) 2020/02/22(土) 23:49:53 ID: ツンデレの語源も知らない人多そうだもんなwここ 72
名無したちの午後 (ワッチョイ bf96-RAbG) 2020/02/22(土) 23:51:22 ID: >>68
なんで抜くためだったら急に池沼キャラを許容しだすの?
間男様のお説教の方が遥かに痛々しいし後付の理由に過ぎないのバレバレなんだよね 73
名無したちの午後 (ワッチョイ 4f67-YFee) 2020/02/22(土) 23:52:52 ID: そう、以前から不思議に思ってたんだけど

寝取られ中は没個性で全員が同じ事しか言わない量産型異常者なのはなぜなんだろう?

ある種の脳と精神の損壊が起こると全員同じ方向に狂うんだろうか? 74
名無したちの午後 (ワッチョイW db68-XuDW) 2020/02/22(土) 23:56:05 ID: なんだ老害アピールか。散々純愛厨は老害だの言ってたくせに今度は古参アピかよw
抜くためのものならそれこそ寝取られ要素なんかいらんわw抜くためより嫌がらせするために作られてるジャンルだぞ?w 75
名無したちの午後 (ワッチョイ 4f67-YFee) 2020/02/22(土) 23:59:13 ID: いやほんとにわからん
寝取られってもう確定負けのマイナージャンルじゃん
なにを根拠にイキってるんだろうね 76
名無したちの午後 (ワッチョイW db68-XuDW) 2020/02/23(日) 00:13:49 ID: てか寝取られageのために純愛sageしてるんだろうけど、純愛じゃ抜けないとか寝取られでしか抜けないってそれ普通に自分が異常だって言いふらしてるようなもんなんだがな
あれか?この間ニコニコ大百科の露悪スレとかで「悪って自覚してるオレカッケー」って言って暴れてたやつの友達か何か? 77
名無したちの午後 (ワッチョイ 2296-RAbG) 2020/02/23(日) 00:57:23 ID: 徹底的に破綻したNTR作品&NTR厨の吐く戯言なんざどう頑張ろうが同じ回答にしかならんし出来んからじゃね?
お頭の出来含めてさw 78
名無したちの午後 (ワッチョイW fbb1-c9CL) 2020/02/23(日) 02:13:06 ID: 本来マウント取られる側の代物を使って一生懸命マウント取りに来るのがおかしいって気づかなきゃな 79
名無したちの午後 (ワッチョイ a321-BgDz) 2020/02/23(日) 04:14:20 ID: 結局、自尊心がないんだろうな
自分が好意を向けられるのが信じられない、幸せな展開、優しいキャラ、ハッピーエンドが信じられなくて
逆に奪われたり罵られたりすると、真実だと感じて安心してしまう……んじゃないだろうか 80
名無したちの午後 (ワッチョイ a218-YFee) 2020/02/23(日) 10:55:31 ID: 俺はかぐやの純愛ゲーで抜きまくりなんだけど
その抜きゲーは純愛じゃないって言われそう
NTR厨って悪い意味で潔癖症だからな…
81
名無したちの午後 (ワッチョイ e27a-LhLD) 2020/02/23(日) 13:13:18 ID: >>38
ほかのスレでは結ばれなかったヒロインは完全放置で以後はいなかったものにしたほうがって意見も上がっていたな
けど主人公とヒロインの邪魔してくるヒロインだったやつとかどうすんの?殴り飛ばすの?? 82
名無したちの午後 (ワッチョイ 6b4c-EjuY) 2020/02/23(日) 13:40:09 ID: >>80
何か純愛じゃない要素でも有るの? 83
名無したちの午後 (ワッチョイ a218-YFee) 2020/02/23(日) 13:49:41 ID: >>82
エッチから始まって恋人になっていく作品も多いからそういうのNTR厨嫌いそうだなって
って書いてて思ったけどエロ本の純愛って半分以上はエッチから入ってるな 84
名無したちの午後 (ワッチョイ 0e53-BgDz) 2020/02/23(日) 14:20:23 ID: ワッチョイW 4f1b-5Ut8
今週の知恵遅れ 85
名無したちの午後 (ワッチョイ 2275-0HQ5) 2020/02/23(日) 14:45:33 ID: それは純愛好きの中でも好みが分かれるやつだし後半は単に偏って読んでるかそういうのが好みなのでは?としか……
少なくとも俺が読んだ中じゃ2割もないぞ 86
名無したちの午後 (ワッチョイ bf96-RAbG) 2020/02/23(日) 14:49:12 ID: 連レスまでするぐらいウッキウキで張り付いてきた癖に光の速さで撃沈しているのはおハーブ生えますわ 87
名無したちの午後 (ワッチョイ 479d-YFee) 2020/02/23(日) 14:58:12 ID: あったま悪いなあ、と思った事

寝取られの対義語は、純愛では無い
寝取られの対義語は、寝取られ以外の全てである

って事さえ理解してない 88
名無したちの午後 (ワッチョイ 6b4c-EjuY) 2020/02/23(日) 14:58:29 ID: >>83
セフレから恋人に昇格していく感じか 89
名無したちの午後 (ワッチョイW 4ba7-++bk) 2020/02/23(日) 17:45:21 ID: >>73
もっとセックス大好きな頭のネジが外れた娘や
メンヘラちゃんあたりならフリーなのにって思うけど 90
名無したちの午後 (ワッチョイWW b72f-o/+u) 2020/02/23(日) 19:41:10 ID: 後日談は書かないほうがいいぞ 91
名無したちの午後 (ワッチョイ b796-LhLD) 2020/02/23(日) 20:48:39 ID: NTRで女は馬鹿でいい
ただ被害者男を適当(いかにもなモブ顔前髪長すぎ)にする作品は駄目だ
なんで悪男にホイホイ騙されてんの?以前になんでこんな彼氏じゃ女引き留められなくて当然臭しかしない 92
名無したちの午後 (オッペケ Srbf-d+m5) 2020/02/23(日) 20:58:34 ID: 心変わりはしょうがないけどまずは別れなよ 93
名無したちの午後 (ワッチョイW cf2f-MBQ2) 2020/02/23(日) 21:03:27 ID: 寝取られて終わりで別れるとかそういうの入れないしな
一歩でも先に進めたら優越感無くすからとかそんなアホな理由と思うが 94
名無したちの午後 (ササクッテロル Spbf-W9cf) 2020/02/23(日) 21:09:18 ID: NTRはもう普通にエロとしても駄作で詰まらないし周りの人間が作者も信者も含めてクソ過ぎる 95
名無したちの午後 (ワッチョイW cf2f-MBQ2) 2020/02/23(日) 21:11:27 ID: こっそりやればいいのにマウント取りに来るし他のジャンルにまで風評被害が来るからマジ害悪 96
名無したちの午後 (ワッチョイ f792-RAbG) 2020/02/23(日) 22:06:03 ID: ヒロインが筋を通したり主人公が正常な思考だとあっさり破綻するから見てみぬ振りでスルーする
プロの描く仕事じゃないね 97
名無したちの午後 (ワッチョイ d718-G6iz) 2020/02/23(日) 22:21:55 ID: 寝取られ男がまともな奴だったらNTR自体存在できないからね
頭の弱い糞チョロ浮気女も寝取り性欲モンキーも社会的に去勢されて人生終了
話を成立させるために思考力と行動力0の非現実的な無能にせざるを得ない
そうして初めてこのWクズを自由に動かせる

ところでここ来てブヒブヒマウント取ってる非モテNTR厨たまに見かけるけど
他人の不幸は蜜の味って考えの性根ド腐れ人間とか優位的要素0だと思う 98
名無したちの午後 (ワッチョイW 2fae-A3E4) 2020/02/24(月) 09:15:34 ID: >>94
設定や世界観が死んでる上にエロも基本的に手抜きのただの交尾だからな
キャラがクズしかいないし胸糞にするにしても雰囲気すらまともに出せて無いから出来の悪い落書きにしか見えなくて萎える 99
名無したちの午後 (ワッチョイ e27a-LhLD) 2020/02/24(月) 13:25:09 ID: >>98
間男が大勝利して彼氏ポジは体のいい当て馬で敗者ってしか書けないんじゃ面白くもなんともない 100
名無したちの午後 (ワッチョイ f792-RAbG) 2020/02/24(月) 13:33:20 ID: 主人公とモブの区別もついてないのは知能がヤバイ
主人公を軽視する作品はクソのレッテルを貼られやすいのを知らない訳じゃなかろうに
101
名無したちの午後 (ワッチョイW cf2f-MBQ2) 2020/02/24(月) 15:57:45 ID: 実は作者はホモなんじゃないのと書いてる側に感じ時は多々ある 102
名無したちの午後 (ワッチョイ 22e5-EjuY) 2020/02/24(月) 21:32:16 ID: dmm
未だに寝取り・寝取られ・NTRを同じタグにしてんのか
人妻、不倫、浮気も明確に分けない時点で一切期待してはならんのは今更だけど 103
名無したちの午後 (ワッチョイ 4f67-YFee) 2020/02/24(月) 22:03:48 ID: そろそろ
寝取られ物は大人気!って嘘の広告をうちまくっても売上てんで伸びないって社内でも問題になる頃なんじゃなかろうか 104
名無したちの午後 (ワッチョイWW 6278-W9cf) 2020/02/24(月) 22:12:23 ID: NTR系嫌いって明言してる大手の商業作者とかもチラホラ出てきてるし、元々ニッチな事理解して隠れて描いてた奴らも注目浴びるの嫌になって更に表に出なくなってきてる

三流作者共々NTR厨信者はさっさと淘汰されろ 105
名無したちの午後 (ワッチョイ 834d-BgDz) 2020/02/24(月) 22:33:23 ID: 一作でもNTR描いたら陽の当たるところには出てこれないでしょ
昔とは状況が違う  106
名無したちの午後 (ワッチョイW cf2f-MBQ2) 2020/02/24(月) 22:51:53 ID: 人妻、不倫、浮気そこらのジャンルもNTRのせいで風評被害受けてるから余計に嫌いな人おるしな 107
名無したちの午後 (ワッチョイW db68-XuDW) 2020/02/25(火) 01:57:25 ID: >>102
DMMの寝とり寝取られNTR合わせて人気だ何だ言うならDLsiteの純愛といちゃいちゃ・ラブラブとか諸々合わせて純然たる王道の一位です、って言うけどよろしいか?って感じよな。 108
名無したちの午後 (ワッチョイ e27a-LhLD) 2020/02/25(火) 07:39:45 ID: 寝取られ系はたまにあってもいいけど間男とバカ女がそれ相応の報いを受けることと
寝取られ作品にありがちなご都合主義すべて取っ払うっていうのが大前提だわ
なぜかボーイフレンドが全く気が付かない あるいは気が付いても何の手も打たないくずにするとか 109
名無したちの午後 (ワッチョイW c63a-++bk) 2020/02/25(火) 12:32:09 ID: >>105
NTRばっかり作ってるメーカーに原画を描いた絵師も信用しない。一般誌とかで漫画を書いてても負のイメージしかなくて胸糞悪い 110
名無したちの午後 (ワッチョイ b796-LhLD) 2020/02/25(火) 12:36:39 ID: >>80
純愛ゲーつより抜きゲだなかぐや系は
もう純愛の代名詞だった学園物()とかも今時流行らんしただエロシーン多い作品のがいいわ 111
名無したちの午後 (アウアウカー Saa7-cp+U) 2020/02/25(火) 12:41:05 ID: 導入時点で登場人物か物語構成のどちらかに欠陥がないと成り立たないジャンルなんだから
それを無くしたいならもう寝取られ自体から脱却するしかないでしょ 112
名無したちの午後 (ワッチョイ d718-G6iz) 2020/02/25(火) 14:06:52 ID: 純愛一色で好きだった作品が続編で急にNTR編とかいうゴミ出したせいで萎えた
何故自分の作ったヒロインを性悪クズに堕とすのか
作者は慎重に選ばないと駄目だねやっぱ 113
名無したちの午後 (ワッチョイW cf2f-MBQ2) 2020/02/25(火) 14:20:52 ID: >>110
アストロと別れてから完全ハード系みたいなの出さなくなったなアトリエかぐやは 114
名無したちの午後 (ワッチョイWW b796-Vz87) 2020/02/26(水) 06:31:40 ID: >>112
作品名詳しく 115
名無したちの午後 (ワッチョイ e27a-bQT/) 2020/02/26(水) 07:53:40 ID: 普通の恋愛ものでさえ女の間で優柔不断にふらふらしてる蝙蝠ってすごい嫌われるわけだけど
優柔不断なりに愛している女横取りしてマウントとるくずははっきり言って醜い 116
名無したちの午後 (ワッチョイW cf2f-MBQ2) 2020/02/26(水) 14:56:03 ID: じゃないとすぐ終わるからな 117
名無したちの午後 (ワッチョイ a29e-RAbG) 2020/02/26(水) 19:02:12 ID: 火箭 ゆるすまぢ! そしらぬ笑顔と汚れた下着
http://www.hendingerg.com/products/kasen/index.html
間男と浮気妻のざまあは評価するが間男とのエロシーンが大半だと思うと反吐が出るな
純愛以外のシナリオを書かせたら天才的な和泉を使うとは勿体ねえ 118
名無したちの午後 (ワッチョイ 479d-YFee) 2020/02/26(水) 19:26:08 ID: ありゃりゃ好きなブランドだったのに残念さよならになりそうね 119
名無したちの午後 (ワッチョイ 6b4c-EjuY) 2020/02/26(水) 20:22:03 ID: 間男制裁を言う奴がいるせいだな
制裁されればアンチNTRから大喝采と誤解しやがった
最初から間男だすなや 120
名無したちの午後 (ワッチョイWW f72f-CHB3) 2020/02/26(水) 20:24:57 ID: 今まで全然NTRもの出してなかったのになんでこういう事するかね
NTRやるなら専用のブランドだけでやってくれや
121
名無したちの午後 (ワッチョイ a321-BgDz) 2020/02/26(水) 20:32:10 ID: >>119
>制裁されればアンチNTRから大喝采と誤解しやがった
そういう話題になる度に
何回も「そもそもNTRがいらない」って書き込まれてたのになあ

まるで最初から「そういう需要があるから」って言い訳するために関係者が書き込んでたみたいだな 122
名無したちの午後 (ワッチョイWW 6278-W9cf) 2020/02/26(水) 20:33:01 ID: NTRモノ自体やめろって話だわ 123
名無したちの午後 (ワッチョイ 834d-BgDz) 2020/02/26(水) 20:40:14 ID: ヒロインに魅力が無いのが確定してるのがなぁ…
AVデビューや風俗堕ち、間男リョナに力が入っていれば面白くなるかもだけど。 124
名無したちの午後 (スプッッ Sd62-p7Tm) 2020/02/26(水) 20:50:29 ID: 寝取られるようなクソ女は間男もろともざまぁされるべきだけど、寝取られるようなクソ女はそもそもヒロインですらない脇役止まりでそいつのエロなんか要らねえんだよなぁ
あくまで「踏み台としての価値が出来る」でしかないのに踏み台ばっか見せ付けてどうすんだ 125
名無したちの午後 (スプッッ Sd62-p7Tm) 2020/02/26(水) 20:56:49 ID: >>123
バハムートラグーンを下敷きに考えるなら
R18化に伴い、ビュウと結ばれるヒロイン及びそのヒロインとビュウのエロシーンを大幅追加、
ヨヨはヒロインではなくチラリとヨヨが明確に後悔してるシーンもちょっと足されてるとかならわかる

ヨヨとパルパレオスとのエロシーンを大幅追加、パルパレオスは死ぬしヨヨは最後みんなに見放されてるからいいよねとかやられても要らないとなる 126
名無したちの午後 (ワッチョイW 43f2-Ydyz) 2020/02/26(水) 23:07:43 ID: そういやヨヨやアリシアは嫌われてるけどちゃんと悪党として扱われてる美獣は嫌われてないな
あいつは一途だからかもしれんが 127
名無したちの午後 (ワッチョイ a19b-bne4) 2020/02/27(木) 08:19:34 ID: >>126
しかも美獣は主の黒の貴公子から使えないと見下されて
逆にリースとか同情されるっていう顛末でナバールを混乱させ、ローランドに被害を出した報いはちゃんと受けてるわけだしね

それとヨヨに関しては周囲が内心見限ってること、今後孤独な末路をたどること
アリシアは一応すべての顛末を知ってアキラにど根性グラブを作りながらも後悔していた様子は伺えるけど 128
名無したちの午後 (ワッチョイ a592-CEtM) 2020/02/27(木) 18:17:30 ID: 主人公の味方面しておいて裏で敵と繋がってる悪女なんて制裁されて当然だわ
普通の作品なら見苦しく命乞いするようなキャラだぞ 129
名無したちの午後 (ワッチョイ c110-z2FU) 2020/02/27(木) 19:10:55 ID: 突然済まんがちょっと愚痴らせて、
先日ふと数年ぶりにソシャゲ以外のエロゲやろうと思ってキャラが気に入ったの買ったら、
パッケージとかに書いてないけどかなりエグイ洗脳NTRものだったの、
そっからずっと精神的に調子悪いんだがそういうのマジで止めて欲しい。 130
名無したちの午後 (スプッッ Sd7a-WdE2) 2020/02/27(木) 19:29:35 ID: >>129
そりゃ酷い目にあったな、可哀想に 131
名無したちの午後 (ワッチョイ 59f2-wxHO) 2020/02/27(木) 19:48:14 ID: >>129
そりゃ金を無駄にしたな
詐欺にも程があるけどもしかしたら消費者庁案件じゃね? 132
名無したちの午後 (ワッチョイ 7a96-CEtM) 2020/02/27(木) 19:48:15 ID: >>129
序でにタイトルも周知してくれると地雷に掛かる可能性が減るので助かる 133
名無したちの午後 (ワッチョイWW 3a78-Q6cg) 2020/02/27(木) 19:53:45 ID: >>129
真面目に返金いこう 134
名無したちの午後 (ワッチョイ c110-z2FU) 2020/02/27(木) 20:02:23 ID: >>130-133
ありがとう、しかもそういうのに限ってヒロインはめっちゃ好みなんだよなぁ
そして実はちゃんと調べりゃ書いてあったからあんまり調べなかった自分も悪いんだけどね
でもマジで半月位調子悪いから愚痴らずにはいられませんでした 135
名無したちの午後 (ワッチョイ 559d-Nss3) 2020/02/27(木) 20:15:14 ID: もしかして? > WAFFLE 136
名無したちの午後 (ワッチョイ e596-bne4) 2020/02/27(木) 20:55:19 ID: は?WAFFLEとか凌辱ダーク系取ったら何が残るんだよメーカーじゃん 137
名無したちの午後 (ワッチョイW cd2f-uWE5) 2020/02/27(木) 20:58:32 ID: WAFFLEは薄っぺらいミドかロープラしか出さなくなったな 138
名無したちの午後 (ワッチョイ a5a5-/In6) 2020/02/28(金) 00:20:36 ID: >>129 伏せずに晒せ、悪行を広めるためにも 139
名無したちの午後 (ワッチョイ a19b-wxHO) 2020/02/28(金) 07:12:47 ID: >>128
どんな理由があってもいきなり相手をころころ変える人間とか
何かしら欠陥があると言わざる負えないのが

よくヨヨは周囲から内心見限られてるってあるけど
細かいセリフとかどんな感じ? 140
名無したちの午後 (アウアウウーT Sa89-mZjj) 2020/02/28(金) 08:29:09 ID: 「era悪魔でメイド」のスレで厨が「NTR要素付けろ!!」って暴れ回ってたな

「お姉さんといちゃつくだけのバリアントです」(Readmeの前書きより引用)
とあるけど、「いちゃつく」の範囲にNTRが入ると思ってるのかね?
そもそもオープンソースのゲームなんだから、
欲しいだの物乞いムーブするよりは加筆口上やパッチを自分で作れば良いのに
141
名無したちの午後 (ワッチョイW 59f2-hdni) 2020/02/28(金) 08:55:29 ID: シナリオを書いていて、突然忍者達が現れて全員をやっつける。それでより面白くなると感じたら、そのシーンには面白さが足りていない
という考えの人もいるらしいけどNTRにも当てはまるね 142
名無したちの午後 (ササクッテロ Sp85-Q6cg) 2020/02/28(金) 09:54:17 ID: 好きな失恋系とか未亡人とかダウナー系の作者さん作品のタグに NTRとかそっち系のタグがつきまくっててキレたわ

なんでもかんでもNTRと混合するのやめろ死ね 143
名無したちの午後 (ワッチョイW cd2f-uWE5) 2020/02/28(金) 11:45:01 ID: それでランキング稼いでるからタチ悪い 144
名無したちの午後 (スププ Sd9a-a8Hj) 2020/02/28(金) 12:40:22 ID: >>140
era悪魔でメイドスレのNTR厨は「人妻キャラ居るからいいだろ」と思ってるんだろうけど他のキャラにまでNTR要素付けるのはなんか違うよな 145
名無したちの午後 (ワッチョイ f93c-/uIV) 2020/02/28(金) 14:03:09 ID: またeraスレでゴネてるのかよ…… 146
名無したちの午後 (ワッチョイ a5a5-/In6) 2020/02/28(金) 16:03:54 ID: NTRを肯定するわけじゃないが、eraでもNTR書いてる奴は書いてる(当然表に出ないようY/Nのフィルターもある)
結局乞食根性丸出しで作る気がない奴が一番の害悪なんだよな 147
名無したちの午後 (ワッチョイ 314c-VDdG) 2020/02/28(金) 16:24:30 ID: >>142
それって作者以外もタグ編集できるサイト? 148
名無したちの午後 (アウアウエー Sa22-/uIV) 2020/02/28(金) 19:04:31 ID: NTR厨は他のオタクとは違う感出してるけど話題になったら早口でまくし立ててくるあたり厄介オタクと変わらんのだよなぁ 149
名無したちの午後 (ササクッテロ Sp85-Q6cg) 2020/02/28(金) 20:46:49 ID: >>147
そうそう、pixivとかの奴 150
名無したちの午後 (ワッチョイ f93c-/uIV) 2020/02/28(金) 21:28:28 ID: >>146
>乞食根性丸出しで作る気がない奴が一番の害悪
NTRシステム後出しで組み込まれてもそう言われるから
eraから離れたよ

どれだけ頑張って口上書いても結局NTRの踏み台にされるんだったら
やる気なんか起こらねぇよ
バリアントが形になってきた頃に寄生虫が涎垂らしてやってきて
特殊性癖ねじ込んできやがるからうんざりだ 151
名無したちの午後 (ニンニククエ ba7a-wxHO) 2020/02/29(土) 07:31:27 ID: >>96
たまに相手が権力者で楯突くと最悪殺されるから黙認するって話もあるけど
そんな権力者独裁国家でもない限りはあり得ないし
そもそも独裁者だって意味もなく他人の妻や恋人横取りして旦那や恋人を見下すって行動をとるとも思えないのが 152
名無したちの午後 (ニンニククエT Sa89-z2FU) 2020/02/29(土) 09:48:30 ID: >>126
美獣は最初から最後まで敵だからね。
ヨヨやアリシアみたいにヒロインとして期待してたらNTRたっていう落差が無いからそこまで嫌われる理由が無い。 153
名無したちの午後 (ニンニククエT Sa89-mZjj) 2020/02/29(土) 13:14:49 ID: >>150
自分は「era悪魔でメイド」にて口上を書いている内の一人なので気持ちは分かる。

eraシリーズ自体が特殊性癖の宝庫だからといって、どんなバリアントにもNTR要素付けられるわけではないし 154
名無したちの午後 (ニンニククエ Sde2-OYLI) 2020/02/29(土) 17:27:08 ID: 百合に割り込もうとする男の話で良く出される画像、元ネタがわかった記念に読んでみたけどあらすじでそっ閉じした
最初は女の子同士ってだけの純愛だと思ってたのにまさか良好な仲の彼氏がいる女の子を掠め取る話なんて誰が想像出来る? 155
名無したちの午後 (ニンニククエT Sa89-z2FU) 2020/02/29(土) 20:35:33 ID: 自分の好みの属性全部乗せみたいなキャラがいるなと思って調べてみたら
洗脳NTRゲームのヒロインだったときの悲しみ 156
名無したちの午後 (ニククエ 4d75-/uIV) 2020/02/29(土) 23:26:12 ID: ちょっといいなと思う絵師すぐにタトゥーや耳以外のピアスやNTRに走る問題 157
名無したちの午後 (ワッチョイW a1b1-6wxy) 2020/03/01(日) 01:20:52 ID: どれもヤンチャアピールのためのイキリアイテムだなあ 158
名無したちの午後 (ワッチョイ 5592-/m/Q) 2020/03/01(日) 01:27:03 ID: ハーメルンにNTRゲームのヒロイン達を改変して間男共を排除するという二次創作があったので読んでみたけど2人目の話がNTR返しでがっかり
なんでビデオレター送りつけてきた女と腹の中のガキ受け入れなきゃならいのか?ハモンドと同レベルのクズかよ
それで途中で読む気失せて感想欄を見たら絶賛されてて驚き
何が「愛の勝利」「菩薩メンタル」だよ
なんかアフターで生まれた間男のガキと親子愛()みたいな話やってるらしいし本当におかしい
ラオウ気取りも大概にしろよ 159
名無したちの午後 (ワッチョイ 4d75-/uIV) 2020/03/01(日) 02:48:32 ID: 間ガキなんてメスなら海外の変態ペド富豪に売り飛ばし
オスなら即殺か10歳くらいまで死なない程度に虐待したうえでお前が苦しいのは親父が屑なせいだって吹き込んで
底辺ホームレス生活をしていた親父のところに送り込んで殺し合わせるくらいが正しい扱いなんだよな
それ以前にバカ女なんて縁切りだから間ガキと会うこと自体ないが
もしもあえてバカ女と間ガキを主人公のところに抱えるなら↑くらいはするのが妥当な扱い 160
名無したちの午後 (ワッチョイ cd4c-CEtM) 2020/03/01(日) 03:07:25 ID: 流石になんの罪もない子供にそこまでの仕打ちはやりたくない
かと言って我が子として愛しますなんて白々しいこともやりたくないので
こっちはもうお前らとは関わり合いになりたくないのでそっちで勝手にやっててくださいというのが常道だろ
161
名無したちの午後 (ワッチョイ f93c-/uIV) 2020/03/01(日) 03:59:34 ID: そもそもNTR自体がいらない
そんなに>>117みたいな制裁されればアンチNTRから大喝采って誤解を広めたいのかね? 162
名無したちの午後 (アウアウウーT Sa89-z2FU) 2020/03/01(日) 07:28:48 ID: 一度NTRれた時点でそのヒロインは死んだようなもんだしな。
こっちは死ぬ前に助けてほしいんであって死体をゾンビに加工されても吐き気がするだけなんだよ。
そっち系の性癖の人がいたら申し訳ないが。 163
名無したちの午後 (ワッチョイ 5592-/m/Q) 2020/03/01(日) 07:59:15 ID: >>161
いや違うんですよ
元々女をキャラ改変させてやられるのを未然に防いで間男を排除するのがコンセプトの小説だったはずなんですよ
なのに色々手遅れな奴を出してそこから逆転とかされてもそれは違うんじゃないかと思って愚痴を書いただけです

NTR自体がいらないには同意です
だからやられる前にやる話を読むはずだったのにこっちだってまさかあんな手遅れな奴が出てくると思わなったしそれが称賛されてるとは思わなかったです 164
名無したちの午後 (ワッチョイ 59f2-wxHO) 2020/03/01(日) 08:04:43 ID: インガ様応報すって漫画だとクズの悪事を未然に防いで制裁するケースが多かったな
あの漫画で間男裁いて欲しかったけど描きおろしだとあるのかな? 165
名無したちの午後 (ワッチョイ d675-/uIV) 2020/03/01(日) 10:10:05 ID: ない方がいい
あるならとっとと縁を切りたい
どうしてもいちいち関わるなら徹底的に殺せ、女や間男のガキ、まして間男に情なんて持つな
それだけだな 166
名無したちの午後 (スプッッ Sd7a-WdE2) 2020/03/01(日) 11:45:07 ID: 「普通はその後制裁が待ってる」と言う当たり前の指摘がされてるだけで、「制裁されれば許される」ではないのにな
裏切りビッチは悪役、ただの踏み台としてなら使えなくもないと言う以上の意味はなくてエロの需要など得られるわけではないのに 167
名無したちの午後 (ワッチョイ 7a96-CEtM) 2020/03/01(日) 14:06:47 ID: 許されるなんて有り得んよね実際。
以降の人生延々と続く苦役の始まりでしかないって認識のはずなんだが… 168
名無したちの午後 (アウアウウーT Sa89-z2FU) 2020/03/01(日) 16:17:09 ID: NTRを改変するならハッピーエンドが望まれるんだろうになんでそんな中途半端な事するんだろうな。 169
名無したちの午後 (ワッチョイ ba7a-wxHO) 2020/03/01(日) 16:30:37 ID: >>159
子供をごみくずみたいに扱うのは間男と同じ屑にしかならん
両親は泥水をすすってみじめに罵り合って生きていくべくだけど
子供は健やかに生きて生きていくべきだ 170
名無したちの午後 (ワッチョイ f93c-/uIV) 2020/03/01(日) 18:13:38 ID: わざわざその話題が出てないスレにまで書き込んで、どうしても空気を悪くしたいんだなあ。

寝取られ同人アンチスレ9 [無断転載禁止]&#169;bbspink.com
https://mercury.bbspink.com/test/read.cgi/erodoujin/1574621020/468

468 名前:最後尾の名無しさん@3日目[] 投稿日:2020/03/01(日) 16:57:39.65 ID:wU6/+col
最近増えてきた間男とバカ女の子供を排除しろって論調
前に出しゃばっていた朝鮮避難の奴と同種で同じ話を蒸し返しまくって空気を悪くしてくるの何なの?
子供を虐待してもいいっていうの納得できないしやったら間男とおんなじ屑になるのに 171
名無したちの午後 (ワッチョイ a592-CEtM) 2020/03/01(日) 18:35:11 ID: あー例の朝鮮人を揶揄してた奴か
最近はハーレム以外は全部NTRだの稚拙な自演やってたかと思えば
今度は児童虐待を推奨するとか呆れるな
NTR厨の印象操作はいちいち陰湿で無駄に過激だ 172
名無したちの午後 (ワッチョイ dd96-CEtM) 2020/03/01(日) 18:37:18 ID: アンチは声のでかい少数だけと言いながらその印象操作に必死なのがもうね 173
名無したちの午後 (ワッチョイ a5a5-/In6) 2020/03/01(日) 22:46:19 ID: 一時韓国が暴れてスレ何個か潰れたが、少数だったらここまでスレ長くねーっつー 174
名無したちの午後 (ワッチョイ 1918-Nss3) 2020/03/01(日) 23:01:32 ID: NTRなんてセックスしたいだけの化け物なんだから両者とも去勢すればいいだけなんでは? 175
名無したちの午後 (ワッチョイ e518-wxHO) 2020/03/02(月) 00:40:50 ID: エロゲスレで何言ってんだコイツ? 176
名無したちの午後 (ワッチョイ 5592-/m/Q) 2020/03/02(月) 01:08:34 ID: >>168
一部のキャラを除けば他はちゃんと取るべき行動させて間男においしい思いを一切させてないNTRシチュ潰しだったので感想欄のNTR嫌いの読者には褒められていましたよ
今思うと俺も一部だけあげつらって叩いてしまったなと自覚があるけどそれでも男の方のメンタルを菩薩だの地蔵だのにするのはちょっと納得いかないなと思いましてね

まあ作者もアンチNTRなのかどうか微妙なんですよね
前書きでこんなこと言ってたので
「寝取られ系ヒロインを集めた純愛ギャルゲーをやってみたい今日この頃。寝取られって奪われる喪失感を与えるためなのか、寝取られモノのヒロインって皆可愛いし好きになる要素がそこかしこにあるようにも思えます。」

何一つ同意できなかった 177
名無したちの午後 (ワッチョイWW 3a78-Q6cg) 2020/03/02(月) 02:02:10 ID: これに含めて「素質ある」とか「嫌な奴ほど」って言う、もう気が狂ってるとしか 178
名無したちの午後 (ワッチョイWW 3a78-Q6cg) 2020/03/02(月) 02:17:04 ID: 本当にNTRジャンル消えて前の状態に戻ってほしい、百歩譲ってせめてマイノリティーな事やアングラな事理解して表から見えなくなってほしい

押し付けは死ね

後他ジャンルと無理矢理統合するのはやめろ本気でやめろ、自衛出来ないから後出し系もやめろ

「にらみっ子」みたいな
「クリエイターとしていろんなジャンルに手を出してみたくて~」

とかクソ食らえ、やるにしてもアカウント変えたりする知能すら無いのか
前から書いてる金髪ギャルのやつもどうせNTRで終わらせるんだろ、つまんねぇし底が見えるんだよ

親兄弟親戚から子供、末代に至るまでNTRれてそれでシコってろ

クソが 179
名無したちの午後 (ワッチョイ c568-bOGA) 2020/03/02(月) 02:26:04 ID: >>176
それ寝取られって文頭必要無いよな
寝取られる女の属性自体が他所から奪ってきたものでしか無いんだし
もともと魅力のある素材にクソをぶちまけたのが寝取られってだけだから

>>177
いろんなジャンルに手を出してみたいってのはまぁ良いにしても表に出すなよと
表に出すにしてももっとまともになってから出してくれよと
寝取られ自体クソだから出さなくて良いけどそういう言い訳使うにしてもせめて自分で見て人様に見せれるものになったなと思ってから出してくれ
まぁ寝取られって時点で誰も見ないし見なくもなるけどな 180
名無したちの午後 (ワッチョイWW 4a44-YnNM) 2020/03/02(月) 02:28:23 ID: NTRの何が酷いかって間男がメアリー・スーと化している点だな
それの何が不味いかってのはどんな状況でもNTRに持ち込める、いや無理やりにでも持ち込ませるってわけだ
そのせいでどんなイチャラブ展開も尊い展開も焦れったい初恋展開も顔の無い間男が、NTR展開が頭をよぎるようになった

NTRは絶対に許してはいけない、NTRだけは許しておけないんだ
181
名無したちの午後 (ワッチョイ 1918-Nss3) 2020/03/02(月) 03:08:18 ID: >>175
子供がどうとかって話題にコメントしたつもり
間男と子供ができてしまうヒロインとかいう存在を想定すること自体おかしくね? 182
名無したちの午後 (ワッチョイ a19b-wxHO) 2020/03/02(月) 07:25:48 ID: >>180
それこそsagaのかみさまだわな
暇だから道楽で沢山の人生を弄んでも面白いとしか思わない異常な感性
そういう連中はチェーンソーで真っ二つになっちゃえ 183
名無したちの午後 (JPWW 0Hee-Le8F) 2020/03/02(月) 08:16:08 ID: 間男メアリー・スー化はその意味の如く、作者の都合の良い存在で、かつ作者から最も寵愛を受けられるんだよな
何なら間男役や竿役が作者の自己投影もよく見る(師走の翁みたいな)
だから報復なんて受けないし、報復されたとしても謎のコメディ調の演出で退場(身体的後遺症などは無し)だから好きに扱えるんだよな

そういう要素も含め、一度でもNTRに手を出した奴は絶対に信じてはいけないし、信じるにしても上記のような間男がメアリー・スー化してる作品を描く奴は避けるべきだな 184
名無したちの午後 (ワッチョイ 559d-Nss3) 2020/03/02(月) 10:26:55 ID: 寝取られジャンルはくそマイノリティジャンルとして残っていても別にいい
でも
寝取られ厨はダメだ
しね 185
名無したちの午後 (ワッチョイWW 4a44-YnNM) 2020/03/02(月) 10:43:15 ID: >>182
sageのかみさまってなんぞや 186
名無したちの午後 (スプッッ Sd7a-WdE2) 2020/03/02(月) 11:17:00 ID: >>185
SAGAやぞ 187
名無したちの午後 (ワッチョイWW 4a44-YnNM) 2020/03/02(月) 11:50:48 ID: >>186
ああ、魔界塔士のあれか 188
名無したちの午後 (ワッチョイ e596-wxHO) 2020/03/02(月) 12:33:59 ID: ビーガンもそうだけど反対派とか保護団体のが実は過激派って言う
このスレ見る限り反NTRもその一つだったわ 189
名無したちの午後 (ワッチョイ 559d-Nss3) 2020/03/02(月) 12:36:32 ID: 寝取られ厨は、寝取られ要素のない作品に嘘八百並べて迷惑かけまくるキチガイばっかりですけども
まあ、寝取られ厨ってほんとに脳に異常があるのでそーいうの見えないんだろうね
反寝取られはそーいうくっだらくて迷惑なことしませんから 190
名無したちの午後 (ワッチョイWW 3a78-Q6cg) 2020/03/02(月) 12:57:31 ID: テンプレ読めない上に今までの押し付けや迷惑行為を無かった事にするって流石ですね、言うことが違いますわ 191
名無したちの午後 (ワッチョイ f93c-/uIV) 2020/03/02(月) 17:12:35 ID: >>188
「人の飯に笑顔でクソ投げ込んだら暴言吐かれた! ビーガンと同じ過激派だ!」
って言いたいのか? 192
名無したちの午後 (アウアウカー Sadd-3ytU) 2020/03/02(月) 17:41:37 ID: 隔離スレに飛び込んできてお前らは過激派!とか自分で言ってて疑問に思わないのだろうか 193
名無したちの午後 (ワッチョイ a5a5-/In6) 2020/03/02(月) 19:24:43 ID: ブーメラン投げる人間って自分が何投げてるのか理解できてない馬鹿しかいないよね 194
名無したちの午後 (ワッチョイ 59f2-wxHO) 2020/03/02(月) 19:58:29 ID: そもそもNTR厨自体が純愛アンチだということを忘れてる発言だよね
そういう意味ではNTR厨は虐殺厨に近い 195
名無したちの午後 (スフッ Sd9a-hU2+) 2020/03/02(月) 21:35:35 ID: >>194
まあ別に純愛アンチなんて思ってやしないが
純愛とかイチャラブとか別にゲームでやるもんじゃねーだろ
っていう感じではある
リアルでやれば?
男女の恋愛なんて綺麗事ばかりじゃなくてもっと打算的でドロドロしたもんだろ
そこを表現できるのもゲームの面白さではあるわけで
それを全否定しちゃえば可能性の幅が狭くなるよ
なーんてね
まあ、がんばって 196
名無したちの午後 (エムゾネWW FF9a-II/m) 2020/03/02(月) 21:44:48 ID: 純愛じゃ抜けねーとかイキってなかったっけ? 197
名無したちの午後 (ワッチョイ cd4c-CEtM) 2020/03/02(月) 21:55:44 ID: 一レスの間に恋愛は綺麗なもんじゃないと言いながら
純愛はリアルでやれば?といっちゃうあたりNTR厨の頭の悪さがよく現れてるな
おっしゃる通りリアルの恋愛はドロドロしてるもんだと思うし
だからこそ創作の世界では綺麗な恋愛を観たいんだがねぇ

ドロドロしたのが楽しみたいならそれこそリアルでやれば?
ていうかドロドロなら現実の家庭版でも観たほうがよっぽど楽しめるぞ
リアルの人間模様はNTRモノの頭のネジ抜かれたキャラと違って人が生きてるしな
それとも人並みの知能のある女は嫌いか? 198
名無したちの午後 (ワッチョイ 559d-Nss3) 2020/03/02(月) 22:04:22 ID: 本当に >>195 を見ると寝取られ厨の圧倒的に劣った知性を垣間見る事ができるよね
リアルがクソなんで、ゲームは楽しく遊びたいという大多数の気持ちを理解できないのが素晴らしく頭悪い

不人気クソマイノリティの寝取られジャンルにしがみつくだけの事はあるなー 199
名無したちの午後 (ワッチョイ 194d-/uIV) 2020/03/02(月) 22:12:30 ID: NTRこそ打算的でドロドロというのと無縁だよね
打算なんて皆無の知障女と犯罪オンパレードの間男無双しかないし
主人公がそれ以上のアホになってるというのもあるが 200
名無したちの午後 (ワッチョイWW 3a78-Q6cg) 2020/03/02(月) 22:32:08 ID: テンプレ読むのやめてまで自分達NTR厨の何処が悪くて気持ち悪がられてんのか教えてくるとか、凄いよ本当



頭悪い方で
201
名無したちの午後 (ワッチョイ dd96-CEtM) 2020/03/02(月) 23:13:08 ID: 知恵遅れ自慢大会が打算的でドロドロ()って(苦笑
攻撃材料にうってつけなモデルケースの提供ご苦労様だわ 202
名無したちの午後 (ワッチョイ a592-CEtM) 2020/03/03(火) 00:17:10 ID: NTR厨は間男無双の御都合主義だけで凝り固められたNTR如きを
恋愛競争と言い張る馬鹿まで飼ってるからな
最後は和姦になってるから純愛だの抜かす糞までいるし 203
名無したちの午後 (ワッチョイ cd4c-CEtM) 2020/03/03(火) 00:54:27 ID: NTR厨さんはリアルでは純愛エロゲーがありきたりに感じるくらい充実してるのか…嘘つけや!w 204
名無したちの午後 (ワッチョイW a1b1-6wxy) 2020/03/03(火) 01:03:06 ID: そういう威を借ったポジショントーク大好きだよなーホント 205
名無したちの午後 (ヒッナー Sd9a-hU2+) 2020/03/03(火) 06:00:34 ID: >>203
いやいや
普通に生きてりゃ結婚するまで何回か恋愛してそういうことになるでしょ
でもそういう経験が無い人向けに純愛やイチャラブというジャンルがあるのは否定しないよ
要するに多種多様なジャンルに寛容なのだ
これも余裕ってやつかな
なーんてね 206
名無したちの午後 (ヒッナー c568-bOGA) 2020/03/03(火) 06:06:47 ID: 余裕(笑)
そんなこと言うような奴がわざわざアンチスレに乗り込みとかどんなジョークだよw
普通に生きて何回か恋愛(片思い)して全部振られて性癖歪んだ寝取られ厨さんがなんだって?
寧ろまともな恋愛経験が無いからこそあんな寝取られなんて物があるの間違いだろ?w
ジャンルに寛容どころか一番文句言うような集まりがよくそんな大口叩けるもんだわw 207
名無したちの午後 (ヒッナー a19b-wxHO) 2020/03/03(火) 07:36:28 ID: そもそも純愛より寝取られのほうが大人っていうんならそれ相応の相応しいスレで言えばいいのに
変なマウント取ろうとして逆に突っ込まれてるんじゃなんともね 208
名無したちの午後 (ヒッナー Sadd-3ytU) 2020/03/03(火) 08:00:34 ID: 想像力の乏しい寝取られ厨の限界だな
ベッタベタの恋愛小説や使い古された純愛物語が何故繰り返し作られヒットするか分からないらしい
それを嗜む人間は全員恋愛未経験か?

寝取られを嗜む人間は現実で一度も約束を破ったり嘘を付いた事がない聖人か?
品性下劣なアダルト作品を嗜む聖人なぞいる訳ないがな

それに分別のある人間は配慮を怠らない
多種多様は無条件で成立し得ないことを彼らはよく知っている 209
名無したちの午後 (ヒッナー dd96-CEtM) 2020/03/03(火) 08:30:00 ID: 寛容性の証明のためにやることが他コミュへの荒らしという排斥行動なんすかw
青葉や植松の言い分そのまんまだな 210
名無したちの午後 (ヒッナー Sd9a-a8Hj) 2020/03/03(火) 09:12:13 ID: というかそもそも「寝取られアンチ=処占厨や純愛好き」とは限らないわけですよ。
寝取られ厨によって被害を受けた人は誰でも寝取られアンチになりうるのですから…… 211
名無したちの午後 (ヒッナー Sd7a-WdE2) 2020/03/03(火) 09:57:31 ID: 変に大人ぶりたいクソガキの言動そのままに荒らしという排斥行動を以って「大人の寛容」とやらを訴える
うーんこの 212
名無したちの午後 (ヒッナーWW 0e61-II/m) 2020/03/03(火) 10:21:58 ID: 学生は長い休みだからなー 213
名無したちの午後 (ヒッナー 559d-Nss3) 2020/03/03(火) 10:46:10 ID: 興味を引く新しい広告をクリックすると十中八九、ビビットアーミー 214
名無したちの午後 (ヒッナー Sde2-YnNM) 2020/03/03(火) 10:58:08 ID: カラミざかり仕込まれるよりはよっぽど良いじゃないか 215
名無したちの午後 (ヒッナー c110-z2FU) 2020/03/03(火) 19:42:06 ID: >>210
基本的に主人公に感情移入するタイプの人にとってはNTRは鬼門だしなぁ
ぶっちゃけ主人公が負けるの見て面白いと思う奴は居ないだろ。 216
名無したちの午後 (ヒッナーW ce4d-/Ei9) 2020/03/03(火) 19:48:24 ID: 寛容性w 多様性w
それは間男に報いを受けさせたら発狂するネトラレ厨が言う言葉かw
本当に口だけでかいキチガイしかいないわ、ネトラレ厨は 217
名無したちの午後 (ヒッナーW a1b1-6wxy) 2020/03/03(火) 20:06:29 ID: 寛容性とか多様性とかってその点で困ってはいない人は使わない言葉だわな 218
名無したちの午後 (ワッチョイ ba7a-wxHO) 2020/03/04(水) 07:29:35 ID: >>208
アメリカのドラマとか結構とっかえひっかえのどろどろ模様とか描かれてるけど
それでも間男だけが得をするとか
まるっきり女が間男に対して都合のいいダッチワイフとか聞いたことないし 219
名無したちの午後 (スッップ Sd9a-1bjE) 2020/03/04(水) 09:01:44 ID: てか一方的に女を取られるだけの話を楽しめるのはよっぽどのドMだけだろ。 220
名無したちの午後 (ワッチョイW cd2f-uWE5) 2020/03/04(水) 11:49:43 ID: ホモかなんかじゃないの
221
名無したちの午後 (ワッチョイW a592-cLSn) 2020/03/04(水) 16:25:12 ID: 奪われる快楽なんてのはただの建前
主人公に感情移入してるNTR厨なんて絶滅危惧種だぞ
ほとんどが間男目線か、あるいはエロい女を見たいかのどちらか

ちなみにその2つを満たすのに本来は寝取"られ"なんて展開にする必要性は全くないわけだが、
にも関わらずラレ男を配置しなきゃ気が済まないのは単純に
マウント取れる"被害者"を見たくて見たくてしょうがないという屑みたいな欲求のため 222
名無したちの午後 (ワッチョイW a592-cLSn) 2020/03/04(水) 16:34:38 ID: ここに突撃してくるNTRガイジは毎度毎度「純愛はリアルで楽しめ!二次元はNTR!」とかいう謎の自分ルールを垂れ流していくが
そもそも二次元と三次元で性癖は別に乖離するものじゃないってことを完全に無視したガイジ理論だからな


リアルで楽しめないものを二次元で楽しみたいんだったらホモとスカトロで抜いてろよガイジ 223
名無したちの午後 (ワッチョイW c168-6XRv) 2020/03/04(水) 17:39:59 ID: とっかえひっかえ云々言うならビッチヒロインにしてろよって話なんだよな 224
名無したちの午後 (ワッチョイ c110-z2FU) 2020/03/04(水) 18:51:34 ID: てかNTR厨の中にはNTR以外の凌辱ものとか純愛でもファンタジーものとかは存在しないんだろうか? 225
名無したちの午後 (ワッチョイWW 4a44-WWkm) 2020/03/04(水) 19:32:03 ID: >>221の推論を考慮すると連中に性癖なんてものがあるかも疑わしいし『ざまぁ』な展開を見て愉悦に浸りたい欲求もなろう小説が流行ったのを根拠に納得ができる
NTR厨ならたった1枚のエロ絵でも抜けるだろうね 226
名無したちの午後 (ワッチョイ d675-/uIV) 2020/03/04(水) 21:53:29 ID: なろうでさえちゃんと悪代官的なやつがざまぁされるから間男無双のNTRと並べるのすら失礼 227
名無したちの午後 (ワッチョイ 4d67-Nss3) 2020/03/04(水) 22:09:12 ID: ノクターンとかミッドナイトで寝取られ物の人気に無さよ 228
名無したちの午後 (ワッチョイW 3968-aMJj) 2020/03/05(木) 00:17:19 ID: >>227
人気のなさっていうか性質上物語で成り立たないの目に見えてるからな。主人公が居てヒロインがいてヒロインが寝取られました。んでそのあとは?って感じ
バハラグとか前例見てれば普通の盛り上がり方なんてしないの分かるわな。寝取られ厨的には炎上でも盛り上がればいいとか考えてそうだがな。
そこは寝取られ作品と同じよ。後先考えないから今とりあえず見繕っておけばいいあとからなんか突っ込まれてもしーらない!って感じ 229
名無したちの午後 (ワッチョイ 199b-mWdL) 2020/03/05(木) 07:37:27 ID: >>228
バカ女が寝取られて間男が彼氏を見下してきて
彼氏は抵抗するでも泣くばかりという茶番劇じゃあ面白くすること自体無理だし
ガワ変えて同じような作品を作れるって意味では楽なんだろうけど 230
名無したちの午後 (ワッチョイ 6a96-pm/L) 2020/03/05(木) 09:19:01 ID: 寝取られジャンルが斬新で爆発的にウケたのはもう8年以上前の事で
今じゃNTR厨の目も肥えてるからガワだけ変えたテンプレ作品じゃウケないのよ
NTR漫画家にせよNTRゲーム会社にせよその辺わかってんのか?それとも故に苦心してる? 231
名無したちの午後 (ワッチョイ 6a96-gP84) 2020/03/05(木) 09:52:07 ID: NTR厨や間男を刺殺爆殺するスティルスアクションゲーでも出んかなナンならADVでも良いが 232
名無したちの午後 (ワッチョイ 6567-hj2/) 2020/03/05(木) 10:36:31 ID: 寝取られ物は物語を膨らませたり深堀りする要素がない、出落ち一発ギャグでしかないので
一回りしたらもう落ちるしかない
35億 233
名無したちの午後 (スップ Sd6a-vOQN) 2020/03/05(木) 13:57:27 ID: 数年ぶりにエロゲーやろうと思って適当にパケ買いしたらNTRものにぶち当たってここ数日ここでぶつくさ言ってたけどさ
結局またエロゲー自体やめることにしたわ、久しぶりのエロゲーを適当に選んだ自分も悪いと思うがNTRは本当に害悪でしかないと思うわ。
最後に全NTR厨に災いあれ。 234
名無したちの午後 (ワッチョイ 11f2-l3Gl) 2020/03/05(木) 15:38:37 ID: >>231
裏切り者を殺すって条件なら割と該当するゲームがあるぞ 235
名無したちの午後 (ワッチョイ 294c-pm/L) 2020/03/05(木) 16:06:07 ID: NTRに限らず地雷性癖があるのにパケ買いするのは馬鹿すぎる 236
名無したちの午後 (ワッチョイW e52f-S2ah) 2020/03/05(木) 16:25:28 ID: 今時のNTR系は大抵パケでわかるからな
釣りレベル 237
名無したちの午後 (ワッチョイ 6567-hj2/) 2020/03/05(木) 17:08:22 ID: >>233
エロゲ発売本数に対してのNTRものに偶然あたるって、異常ですぞ!?
その上ここ数年はタイトルでそれと判るような配慮がされてる

よい子はここで遊ばない!  って看板を無視するタイプ? 238
名無したちの午後 (ワッチョイ de39-bdd/) 2020/03/05(木) 17:26:05 ID: こう言ったらなんだけど、>>233もNTR厨の工作なんじゃないの?
「NTRアンチは中身の精査もせずに文句ばっか言ってるバカな奴らだ」とレッテル貼りをしたいがための 239
名無したちの午後 (ワッチョイ 294c-pm/L) 2020/03/05(木) 17:29:46 ID: 初めてNTRにぶつかってしまって糞だったとかメーカーのHPに書いてないのにNTR有ったとかなら怒るのも分かる
でもこのスレに出入りする人間がメーカーのHP見る程度の自衛をしないのは信じられない 240
名無したちの午後 (ワッチョイ 6567-hj2/) 2020/03/05(木) 17:33:02 ID: 多くのメーカーが、下級生2の大炎上でヤバさを感じていると思うのです
241
名無したちの午後 (ワッチョイ fda5-bdd/) 2020/03/05(木) 18:25:21 ID: NTR厨は不意打ち大好きでタグ詐欺も横柄してるから中身云々は的外れなんだよな 242
名無したちの午後 (ワッチョイWW e61b-Luw6) 2020/03/05(木) 18:47:03 ID: パケってかブランドとライターがなぁ
フライヤー貰うなり公式サイト見てCG確認しつつ
>>2のリスト乗ってるか確認して
んでやらかしたシナリオライターが書いてなければとりあえず買う 243
名無したちの午後 (ワッチョイ 3910-Drcp) 2020/03/05(木) 18:49:28 ID: >>239
NTR引いたから文句言うためにここに出入りするようになったんだよ。 244
名無したちの午後 (ワッチョイWW e61b-Luw6) 2020/03/05(木) 18:50:45 ID: 販売サイトのタグも信用できるかというと何かとアレだし
まとめ見てから買ったほうが地雷率はガクッと減るだろうけどそうすると早期予約特典とか貰えない
目をつぶって地雷原に特攻かなぁ 245
名無したちの午後 (ワッチョイ 294c-pm/L) 2020/03/05(木) 19:00:45 ID: >>238
ワッチョイ見たらスップがこのスレで二回しか現れてねえここ数日ここでぶつくさ言ってたって嘘かもしれん 246
名無したちの午後 (ワッチョイ 6567-hj2/) 2020/03/05(木) 19:03:43 ID: >>243,244
簡易でも調べればNTRなんて引かないと思うんですよ
製作者はNTRって嫌われ分野だって事を知ってるので、ほぼ間違いなく事前告知してる

パケが届くまで公式HPの情報は完全遮断するって縛りプレイをしているのであればこの限りではないが
それはそれでなんか違う気がする 247
名無したちの午後 (ワッチョイWW e61b-Luw6) 2020/03/05(木) 19:24:20 ID: >>246
昔・・・レイプレイ騒動起きる前は陵辱ジャンル避けてればNTRジャンルに当たる率が少なかったが
陵辱規制強化後は・・・うん 248
名無したちの午後 (ワッチョイ 2d9d-hj2/) 2020/03/05(木) 19:29:10 ID: >>247
まって?
陵辱規制強化後ってなに?
レイプレイ後2年は自粛ムードあったけど、陵辱規制強化なんて存在しないと思うんだけど
それどうしてそう思った?それとソフ倫のどこかに記述あります?
あと、何言ってるのかよくわからん、いまの陵辱モノでもNTRあるのは書かれてると思うんですよ?
不意打ち作品とかが有るって体で話してるように見えるけど、具体名上げてもらえます? 249
名無したちの午後 (ワッチョイ b1b1-EkKG) 2020/03/05(木) 19:46:52 ID: >陵辱規制強化後ってなに?
>レイプレイ後2年は自粛ムードあったけど、陵辱規制強化なんて存在しないと思うんだけど

自分で自粛ムードがあったと言ってるじゃないか、それの事だぞ。

【アンチ】寝取られアンチスレ part2【NTR】
http://kilauea.bbspink.com/test/read.cgi/hgame/1350124237/888-895
> 海外の割れ厨が「レイプレイが残虐過ぎる!日本規制汁!」っつって大暴れして回収騒ぎになったんだよ
> で、マジに規制議論されて混乱してた
> あの頃からその辺の規制が厳しくなった 250
名無したちの午後 (ワッチョイWW ba44-hKbw) 2020/03/05(木) 20:03:21 ID: >>247
規制強化後?
規制避けの為に明かさない作品が増えたって事か? 251
名無したちの午後 (ワッチョイ 2d9d-hj2/) 2020/03/05(木) 21:56:56 ID: >>249
なんとなく雰囲気な自粛ムードはあったが
2年もしたらすっかり元通りで、規制なんてものは存在しないよ
誰が誰をどうやって規制したの?
俺、業界にいたけどそんな規制聞いた事もない

ロリと学生周りはキビシー! 252
名無したちの午後 (ワッチョイ b1b1-EkKG) 2020/03/05(木) 22:14:10 ID: >>251
ああすまん、ちゃんと調べてから言うべきだったな。

ソフ倫が2009年6月4日に自主規制方針を打ち出し
凌辱系アダルトゲームの制作禁止を決定した
とwikiに書いてあったな。
自粛ムードどころじゃあなかった、すまんすまん。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4#抗議運動

で、なんでお前は業界にいてこの規制聞いたことないの? 253
名無したちの午後 (ワッチョイ 294c-pm/L) 2020/03/05(木) 22:21:35 ID: 凌辱規制より近年のエロゲーで不意打ちNTRした作品の実名の方がこのスレ的には重要じゃね
不意打ちするようなのはどんどん作品名晒すべきだろう 254
名無したちの午後 (ワッチョイ b1b1-EkKG) 2020/03/05(木) 22:47:03 ID: 同人だが特にわかりやすい悪質さの不意打ちNTR

NoTearsRebirth
http://www.new-akiba.com/news/167583
https://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_120713/
>「不意討ち」がNTRにおいて重要な要素だというのは理解できますが、
>金銭が絡む「商品」に対して「嘘」をつくことははっきり言って最悪の行いです。 255
名無したちの午後 (ワッチョイWW 2a78-vyS9) 2020/03/05(木) 22:50:47 ID: 詐欺だろこれ、これで販売停止や制裁が無いのか 256
名無したちの午後 (ワッチョイ 2d9d-hj2/) 2020/03/05(木) 23:07:01 ID: >>252
それ一般とR15むけの規制ですよ

2 次の項目に該当する作品を18才未満者への販売禁止ソフト作品(18禁)とする。
・凌辱・輪姦または性的拷問等、性的暴力の加重を興味本意に描いた表現を含むもの。

知ったかぶっていい恥かいちゃったねえ 257
名無したちの午後 (ワッチョイ 2d9d-hj2/) 2020/03/05(木) 23:10:45 ID: >>254
https://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ213256.html

げ・・・最悪 258
名無したちの午後 (ワッチョイ 294c-pm/L) 2020/03/05(木) 23:18:11 ID: >>257
純愛に擬態してた頃のサンプル画像か
これは悪意100%だわ 259
名無したちの午後 (ワッチョイ 2d9d-hj2/) 2020/03/05(木) 23:22:12 ID: まめちしき : DLSiteはちょっとでも否定的なレビューを書くとすぐ消され
          低い点数をつけると加算されない
           ハッキリ糞運営 260
名無したちの午後 (ワッチョイ e675-EkKG) 2020/03/05(木) 23:25:25 ID: これがあるから専売で仕方なくでもなければDLsiteは使わない
261
名無したちの午後 (ワッチョイWW 2a78-vyS9) 2020/03/05(木) 23:25:45 ID: やっぱNTR厨って害悪だわ
詐欺られた人はこれ返金とか出来たのかね 262
名無したちの午後 (ワッチョイ fd92-gP84) 2020/03/05(木) 23:32:36 ID: こういうやり方で騙された被害者を笑うのがNTR厨だからな
あんな奴らに配慮して言葉を選ぶのも馬鹿馬鹿しくなる訳よ 263
名無したちの午後 (ワッチョイWW 2a78-vyS9) 2020/03/05(木) 23:35:18 ID: こういう詐欺や広告で見せつけてくるくせに
自衛しろとか「素質ある」とか「嫌な奴程~」って言える辺り

冗談抜きで頭おかしいんだろうな 264
名無したちの午後 (ワッチョイWW ba44-hKbw) 2020/03/05(木) 23:44:09 ID: 素質ある論調無敵すぎて嫌い 265
名無したちの午後 (JPWW 0Hbe-DhJY) 2020/03/06(金) 00:06:36 ID: 素質論をホモやスカトロに使えばカウンターが見事に決まるから
素質論ゴリ押ししてくるNTRゴミにおすすめ 266
名無したちの午後 (ワッチョイ fda5-bdd/) 2020/03/06(金) 00:28:23 ID: いやDLは最近は売上下げるような叩きレビューも載せるようになったぞ
それでも載せないのは多分サークル側なんじゃないかな? 267
名無したちの午後 (ワッチョイ a539-gP84) 2020/03/06(金) 03:24:34 ID: >256
それは年齢区分に関するところ、それには続きがあって、
「18歳未満者への販売禁止ソフト作品(18禁)の禁止事項」
というのが規定されてる
で、凌辱に関係するのは、第12条の2
>凌辱描写について
>著しく社会通念に違反する凌辱、輪姦等、暴力が加重される表現については、
>婦女子への人権侵害や虐待感をともうなうものであり、禁止する。 268
名無したちの午後 (ワッチョイ 11f2-l3Gl) 2020/03/06(金) 09:11:50 ID: コロコロコミックスは表現に問題あって返金してくれたが不意打ちNTRサークルはコロコロと同じことすべきだな 269
名無したちの午後 (ワッチョイW 85ae-Pb9r) 2020/03/07(土) 08:47:48 ID: 調子に乗りやすくマウント取って踏み台にするのが大好きな奴らにそんな誠意なんて無いだろうし
いっそ良いだけ割りまくって金にならない事を思い知らせた方が良い気がする 270
名無したちの午後 (ワッチョイ 11f2-l3Gl) 2020/03/07(土) 09:18:48 ID: 割ったらサイト側に記録付くから割らずに放置が一番
面白いフリーゲームなんて腐るほどあるんだしクソゲーなんてタダでもやる価値ない 271
名無したちの午後 (ワッチョイ aa7a-l3Gl) 2020/03/07(土) 15:13:22 ID: >>29
関係ない話だけど外国でビッチ化ってビンボっていうんだってさ
んでまあ確かに普通の子がムチムチのセックスシンボルになるのはいいとしても
人格崩壊レベルでセックス依存に仕立て上げられる寝取られは気持ち悪さが勝つのは自分でもよくわからん
だが寝取られは屑というのだけは断言できるのが 272
名無したちの午後 (ワッチョイ fd7a-hj2/) 2020/03/07(土) 18:56:07 ID: 今げっちゅを何気なく覗いてたら『火箭 ゆるすまぢ! そしらぬ笑顔と汚れた下着』
ってのを見つけて、該当しそうなスレを探してたらここに行きついたのだけど、
こういうのって住民的にはどうなの? 自分はNTR見る度に「全員馬鹿なの?」と
イライラしてた口だから、制裁してスッキリ出来る系統ならと期待してるのだけど 273
名無したちの午後 (ワッチョイ b1b1-EkKG) 2020/03/07(土) 19:05:16 ID: >>272
こんな反応 >>117-124 274
名無したちの午後 (ワッチョイ fd7a-hj2/) 2020/03/07(土) 19:09:44 ID: >>273
なるほど。過去に既に上がってたのね
住民的には、頂上から絶景が見れたとしてもそれまでの登山道の
デザインがクソだから、初めから作るんじゃねえとなるってことか。
これ以上居座るとよろしくないんで消えます、レスありがとう 275
名無したちの午後 (ワッチョイ deb5-IJoT) 2020/03/07(土) 19:14:19 ID: そもそも間男ざまあは言うほど絶景にも見えんがな 276
名無したちの午後 (JPWW 0Hbe-DhJY) 2020/03/07(土) 20:28:34 ID: 土台がNTRだから結末がどうなろうと絶景もクソもないんだよな
例えるなら山嫌いなのに山登らされた挙げ句、頂上の絶景がどうたらとか言われた時の感情がこのエロゲに第一印象対しての感想だわ

それに間男orビッチざまあをNTR主軸にせず楽しむなら、間男とのエロシーンなんていらなくて
なろうとかにある真ヒロインとのイチャラブをメインにして、裏切ったPTor間男orビッチに制裁するってのでいいしな
なんであれNTRをメインに据える時点で論外よ 277
名無したちの午後 (ワッチョイW 3968-ueBF) 2020/03/07(土) 20:29:54 ID: まぁ人によるわな
制裁されるのが分かってるならスカッとする目的で寝取られを踏み台として許容するタイプと
そもそもの話寝取られ自体を目に入れたくないタイプ。
俺は後者だわ

スレの流れ的には後者なんじゃねえかな?後者は前者の範囲で話すといらつくかもしれないけど、前者は後者より許容範囲(集合的な意味で)広いからあんまり気にならない的な 278
名無したちの午後 (ワッチョイ fd92-gP84) 2020/03/07(土) 20:52:20 ID: そういうの見たかったら非エロの復讐物で十分なんだ
わざわざ本番ありのエロ、ましてや間男とのスケベなんざ要らんのだ 279
名無したちの午後 (スップ Sd6a-4Xmh) 2020/03/07(土) 21:20:16 ID: 踏み台として容認するとしても>>276>>278の言うように間男やビッチのエロシーンは不要
NTR物のオチを制裁にすればいいってんじゃなくて、主人公不遇スタートでヒロインと共に幸せになっていく物語の冒頭の不遇要素として使えなくもないと言う以上の意味は無い 280
名無したちの午後 (ワッチョイ 9ee3-hj2/) 2020/03/07(土) 21:39:24 ID: やるんなら間男が寝取ろうとしたけど失敗という前提にしてくれんとな
そもそも寝ちゃったらアウトなんだし
281
名無したちの午後 (ワッチョイ fda5-bdd/) 2020/03/07(土) 21:48:05 ID: 嫁が間男連れてきましたー→実は嫁とその旦那の罠でヤル直前で間男が惨めに殺される とかないかな 282
名無したちの午後 (ワッチョイ fd92-gP84) 2020/03/07(土) 21:48:13 ID: 「妻の母さゆり」みたいな冒頭でとっくにNTRパートが終わってて、改めて物語がスタートする形式なら分かるのよ
「俺は彼女を信じてる!」のように主人公が浮気した結果自業自得的に寝取られるのもゲーム的にまだ分かる

現状のNTRは話的にもゲーム的にも不条理に不幸になっていくだけで両方クソと言わざるを得ない
間男の数を増やしたりチンポが貧弱な主人公をどん底に落とすことに拘ったり力を入れる所が根本的にアホ 283
名無したちの午後 (ワッチョイ deb5-IJoT) 2020/03/07(土) 22:18:42 ID: 件のゲームなんかゴール地点が元妻と間男のへの復讐な時点で
エロシーンの中身が元妻と間男の絡みオンリーなわけでして誰がそんなもん見たいのかと
当然ながら自分の意思で間男に股開いた女とよりを戻すとか論外だし
真のヒロインらしき存在もいないようだし 284
名無したちの午後 (ワッチョイWW fd2f-rqSs) 2020/03/07(土) 22:26:10 ID: 制裁ものって主人公はNTRの当事者じゃなくて復讐代行みたいな立ち位置じゃないとスカッとはせんでしょ 285
名無したちの午後 (スプッッ Sd92-hKbw) 2020/03/08(日) 00:07:08 ID: 結局の所NTRは毒性のある食材なんだよ。ちゃんと調理すれば癖の強い料理に変わるかも知れないが「これが良いんだろwww」なんて雑な調理をするからまともな奴からすれば劇毒。劇毒食った後に何か食って美味いと言えるか? 286
名無したちの午後 (ワッチョイ e675-EkKG) 2020/03/08(日) 01:07:22 ID: 難しさがフグ程度ならまだいいんだけどな
希少食材寄りの料理漫画に出てくる架空調理困難食材並みに難解な処理が必要だから 287
名無したちの午後 (ワッチョイ deb5-IJoT) 2020/03/08(日) 01:17:10 ID: そこまでして料理した上でさらに人を選ぶ味してるだろ 288
名無したちの午後 (ワッチョイWW ba44-hKbw) 2020/03/08(日) 01:23:30 ID: >>287
むしろ人を拒む味ですらあるな 289
名無したちの午後 (ワッチョイ b1b1-EkKG) 2020/03/08(日) 02:13:44 ID: そもそも食材に例えるのが間違ってる
料理するときには取り除かないと
最悪死人が出る毒そのものだ 290
名無したちの午後 (JPWW 0Hbe-DhJY) 2020/03/08(日) 08:09:54 ID: 食材で例えるならウンコそのものですわ
なぜかウンコをすげえおいしいと喧伝する馬鹿がいる、それがNTR厨 291
名無したちの午後 (ワッチョイ 3d96-mWdL) 2020/03/08(日) 09:47:33 ID: ジャコウネコの糞ぐらいの価値だなNTRってのは 292
名無したちの午後 (JPWW 0Hbe-DhJY) 2020/03/08(日) 12:50:24 ID: いやそんな高価なもんじゃねえでしょ 293
名無したちの午後 (JPWW 0Hbe-DhJY) 2020/03/08(日) 12:56:19 ID: ってこいつなんか臭えなって思ったらNTRスレにいる厨じゃねえか
どおりで擁護っぽいレスするわけだ、やり方が相変わらずきたねーな?
何が前作お世話になっただよクソゴミが

他にもこのスレにいる擁護っぽいのとか対立煽りしてる感じのIDを向こうスレと照らし合わせたら、アンチに成りすましたNTR厨見つかるかもな

333 名無したちの午後 sage 2020/03/08(日) 07:10:48.84 ID:XsERb72D
俺も通行止め作品は前作お世話になったけど
同人は同人板でやれって思う

348 名無したちの午後 sage 2020/03/08(日) 10:26:28.22 ID:XsERb72D
しかしまぁDMMや薄い本コーナー巡回してると
商業エロゲでNTRは確かにビミョイのばっかだよなぁとは思うが 294
名無したちの午後 (アウアウカー Sa15-hzl7) 2020/03/08(日) 12:57:47 ID: 効果の無いワクチン(=ただのウイルス)かな
人に害を与えるのが目的なので他のジャンルとはそもそも存在意義が異なる 295
名無したちの午後 (ワッチョイ fd92-gP84) 2020/03/08(日) 14:11:00 ID: クソガキが棒切れの先にウンコ付けて他人を追い掛け回す=NTR
なおウンコが自分に向けられると被害者面して泣き喚く模様 296
名無したちの午後 (スプッッ Sd92-hKbw) 2020/03/08(日) 16:27:14 ID: >>293
なんだそいつは。身に覚えが無いぞ 297
名無したちの午後 (ササクッテロラ Sp7d-vyS9) 2020/03/08(日) 16:50:13 ID: https://twitter.com/waihadaka/status/1215617080138977280?s=20

この作品、言葉にしづらいんだけど

後編の女の心理が浮気女みたいで...なんというかNTRに通じる頭の悪さを感じてしまった...好きな作者だっただけに残念

もう前後編作品が嫌いになりそう 298
名無したちの午後 (ワッチョイ 294c-pm/L) 2020/03/08(日) 17:10:34 ID: NTRに通じるってNTRじゃないんならこのスレで作品晒しやめろや 299
名無したちの午後 (ワッチョイW e52f-S2ah) 2020/03/08(日) 17:14:06 ID: あれはNTR厨がもっとも嫌いな内容だったかな 300
名無したちの午後 (ササクッテロラ Sp7d-vyS9) 2020/03/08(日) 17:21:41 ID: すまん、NTRとは違うって人もいるだろうけど
この作品NTRに見えてNTRがさらに嫌いになったって言いたかったんだ

現実で似たような理由で浮気する奴何人も見てるから更に嫌になって...そんな自分も嫌いになって

なんかすまん頭冷やすわ、NTRは本当に終わって欲しいとだけ
301
名無したちの午後 (ワッチョイ 65b2-bdd/) 2020/03/08(日) 22:05:22 ID: NTR厨は他人には素質あるよとか言って煽ってくるけど
当の本人達は間男視点で見てたり3次はNGみたな素質ない奴らばかりで笑える 302
名無したちの午後 (ワッチョイW e52f-S2ah) 2020/03/08(日) 22:38:59 ID: あの手の連中は自分たちのことが少しからかわれると顔真っ赤にするからご察し
だからすぐテンプレ展開にならないとキレるのばっかなんやで 303
名無したちの午後 (ワッチョイ fd92-gP84) 2020/03/08(日) 23:08:23 ID: マウント取るの大好きマンだからな
何も出来ない、何も知らない被害者目線の主人公に感情移入できない癖にその役割には拘る
そもそも話を広げようのないガチ被害者に拘る時点でアホなんだけど 304
名無したちの午後 (ワッチョイWW 2a78-vyS9) 2020/03/09(月) 20:30:59 ID: >>300
坊主憎けりゃ袈裟まで憎い...少し違うかな?
ゴミ供のせいでそういう描写に吐き気や嫌悪するのは分かるけど一回落ち着け、憎悪で自分を見失うのはイカん 305
名無したちの午後 (ワッチョイ 199b-l3Gl) 2020/03/10(火) 07:24:33 ID: >>228
バハムートラグーンだってヨヨはそのあと報いを受けることになるのが
周囲から信用ならない相手って思われてるからビュウもヨヨとくっつくことはもう嫌がるだろうし 306
名無したちの午後 (ワッチョイWW ba44-hKbw) 2020/03/10(火) 07:31:26 ID: NTRは焚書に、NTRを作るものは火刑に処すべきだな 307
名無したちの午後 (ササクッテロ Sp7d-zBZa) 2020/03/10(火) 10:31:03 ID: 推しのエロゲ声優が結婚報告とか脳が破壊されるから報告はしないで欲しい 308
名無したちの午後 (アウアウエー Sad2-EkKG) 2020/03/10(火) 12:17:24 ID: 病気だよ 309
名無したちの午後 (スププ Sd8a-GXrU) 2020/03/10(火) 12:39:43 ID: なんか成りすまし勢紛れてない? 310
名無したちの午後 (ワッチョイ fda5-bdd/) 2020/03/10(火) 14:55:00 ID: あからさまにアレだと、今そういや休みなんだよなぁってのを感じるな 311
名無したちの午後 (ワッチョイWW 66fd-DhJY) 2020/03/10(火) 17:57:23 ID: >>291
こいつはなりすましのゴミかな
>>293のレスは寝取られスレのもの

このスレのID末尾削って寝取られスレで検索かけたら頭悪いなりすましや凸ガイジ見つけられるぞ 312
名無したちの午後 (ワッチョイ de53-EkKG) 2020/03/10(火) 21:29:01 ID: >>293
わざわざアンチに成りすましてる所がシンプルにキモいな
寝取られ厨ってホント生理的嫌悪感を感じさせる奴ばっかりだ 313
名無したちの午後 (ワッチョイ de39-bdd/) 2020/03/10(火) 21:32:27 ID: 奴ら、自ら「俺たちの方が一般的思考。アンチこそノイジーマイノリティ」と言ってるくせに、
こういう工作活動やらに血眼あげてるんだからな
メジャーならそんなことする必要は1ミリも無いはずなのに 314
名無したちの午後 (ササクッテロラ Sp7d-vyS9) 2020/03/10(火) 22:51:43 ID: 本当に気持ち悪いな 315
名無したちの午後 (ワッチョイ 2d9d-hj2/) 2020/03/11(水) 22:30:35 ID: 寝取られは大人気でメジャーなkジャンルだと言ってる人に

じゃあ、大人気のヒット作がたくさんあるんですね?教えてください

て聞くともれなく黙る 316
名無したちの午後 (ワッチョイW 6368-ebPP) 2020/03/12(木) 01:39:54 ID: >>315
たまに対魔忍ユキカゼを例に出すやついるがどう考えても寝取られ主体で売れたわけじゃないしそもそもシリーズで突出して売れてるわけじゃねえしな 317
名無したちの午後 (ワッチョイW 372f-o9Sg) 2020/03/12(木) 02:25:29 ID: ユキカゼは過程端折りすぎてビッチモノであってNTRにすらなってないよと言うのがやってる側の意見で多いしな 318
名無したちの午後 (ワッチョイ 1e39-YjN5) 2020/03/12(木) 11:08:17 ID: >>316
ガテン系の彼女とかなんとかそんな感じの名前を挙げるのも多いな
ついぞパッケージ版すら出せなくなった作品をメガヒットというあたり痛すぎるが 319
名無したちの午後 (ワッチョイ 1fa5-YjN5) 2020/03/12(木) 12:59:39 ID: おすすめ商品!とかであったなー麻呂がガテン系の~ってやつ、あっという間に消えたがw 320
名無したちの午後 (ワッチョイW 372f-o9Sg) 2020/03/12(木) 12:59:39 ID: 絵でみたいなのばっかだしな
派生の麻呂のがシリーズ化してる時点で察し
321
名無したちの午後 (ササクッテロラ Spc7-EvY6) 2020/03/12(木) 21:31:55 ID: 大麻人モノをNTRとして書く奴は未プレイ
そしてNTR書く奴は死ね 322
名無したちの午後 (ワッチョイ b7b2-YjN5) 2020/03/12(木) 22:08:08 ID: 寝取られ物の同人音声増えてきたけどあらすじ見る限りいつもの定番ストーリーばかりなんだよな
結局寝取られ作家は創造力が無くて型にはめることしか出来ないみたいだな 323
名無したちの午後 (ワッチョイW 372f-o9Sg) 2020/03/12(木) 22:19:07 ID: 構成力想像力の欠けてるわけだからある意味脳が破壊されてるしな 324
名無したちの午後 (ワッチョイ 1296-YhQh) 2020/03/12(木) 22:40:17 ID: 何を如何頑張っても結末変わらんのだし型に嵌らんっての無理でね?
てかNTRは存在自体無意味で蛇足な概念なんだしいい加減世界の記憶自体から抹消されんかな?
善いよねされても何の問題も無いのだしさ 325
名無したちの午後 (ワッチョイ 1f92-YhQh) 2020/03/12(木) 22:59:35 ID: 正しくクソ漫画とかクソゲーとかの類だからな
ネタにすらならないからそれ以下か 326
名無したちの午後 (ワッチョイ 8bf2-s75y) 2020/03/12(木) 23:31:09 ID: ゲームを作る上ではクロスハンターを反面教師にしろと聞いたことあるがエロゲの場合はNTRゲーを反面教師にするといいものが出来そう 327
名無したちの午後 (ワッチョイ a31f-s75y) 2020/03/13(金) 00:40:12 ID: NTRスキーのDQNチャラ男崇拝気持ち悪いなーって
俺もオラオラ系とかチャラ男属性のキャラでも三下臭く無くて魅力的な造形してるなら好きだけどNTRスキーの考えるのはきっついわー 328
名無したちの午後 (ワッチョイ a31f-s75y) 2020/03/13(金) 00:47:32 ID: KNTRなるジャンルを知ったときはめっちゃ戦慄したけどそれが好きな人たちは自分の性癖が人の地雷に触れるものとわかってて
ひっそりやってる人たちだから今は性癖は別として人としては嫌悪感は湧かないな

NTR厨は「マシュと言ったらNTRですよね!」とかやる人種だからほんと嫌だわ…それもあってマシュあんま好きじゃなくなったし 329
名無したちの午後 (ワッチョイWW c244-jcb3) 2020/03/13(金) 00:49:34 ID: NTRは展開だけで萎えるけど
NTRで快楽堕ちした時よく見る乱れ方は良いんだよね……
純愛で快楽堕ちレベルで乱れる本は無いものか 330
名無したちの午後 (ワッチョイWW c244-jcb3) 2020/03/13(金) 00:51:34 ID: >>328
分かる
前まで推しキャラだったのにNTR押し付けられて以来見たらNTR展開が過ぎるようになって嫌うようになった 331
名無したちの午後 (ワッチョイ a31f-s75y) 2020/03/13(金) 00:59:46 ID: >>329
分かる…
後ろとか横にいたりする変なのはともかく女の子の絵はいいんだよな…
平和なのかせめてクズな女の子の因果応報もので見たい… 332
名無したちの午後 (ササクッテロラ Spc7-EvY6) 2020/03/13(金) 01:02:32 ID: >>327
分かるわ
男キャラでも女キャラでも頭悪いけど筋通すチャラ系のキャラ好きだったのに

ゴミ供のせいでチャラいキャラ自体が苦手になったわ
NTR厨も描くやつも死ね 333
名無したちの午後 (ササクッテロラ Spc7-EvY6) 2020/03/13(金) 01:04:24 ID: >>331
被害者以外のキャラ全員最後に事故にあってグチャグチャになるくらいしてほしい本当

物語でも因果応報はキッチリ在るべきってそれ1 334
名無したちの午後 (ワッチョイW 372f-o9Sg) 2020/03/13(金) 01:47:36 ID: >>329
純愛で快楽堕ちレベルで乱れる奴はわりとあるやないか 335
名無したちの午後 (ワッチョイ 839b-s75y) 2020/03/13(金) 07:42:28 ID: >>321
そこから報復に持っていければまだ見れるんだけどね
達郎を筆頭にただ泣いてオナニーするばっかりなんだもん 336
名無したちの午後 (ワッチョイW 97ae-L5LN) 2020/03/13(金) 08:52:59 ID: ヤンデレすら糞ビッチ化させるゴミ作者はいらない
と言うか安易にビッチにしとけば良いと言うふざけた発想自体がいらない 337
名無したちの午後 (スププ Sd32-gz1Z) 2020/03/13(金) 09:37:46 ID: ヤンデレって見方を変えれば最も一途な存在なんだよ
だからヤンデレは寝取られ系に一番似合わない 338
名無したちの午後 (ササクッテロラ Spc7-EvY6) 2020/03/13(金) 09:49:06 ID: >>335
いや、まずNTRが要らない
陵辱や調教で十分だし、たつろうもついでに調教されるとなお良い 339
名無したちの午後 (ワッチョイWW 1f2f-kvsL) 2020/03/13(金) 10:00:49 ID: 報復があればなんて言ってたから火箭みたいなのが出てきたんだしな
まずNTRそのものがクソという認識ありきだわ 340
名無したちの午後 (スップ Sd52-HRm/) 2020/03/13(金) 11:04:23 ID: 使えるのは主人公のバックボーン、敵性サブキャラとしてであってそれをメインにされてもNTRが許される訳ではないしそのエロなんかいらないのだと言うのを理解出来ず
ざまぁされれば受け入れられると勘違いした結果生まれたゴミのようなゲームがあるらしい
341
名無したちの午後 (JPWW 0H6a-BU0c) 2020/03/13(金) 13:30:18 ID: 報復に持っていければアリとか
なんでこのスレにいるんだよって話 342
名無したちの午後 (ワッチョイWW c244-TMMI) 2020/03/13(金) 15:09:06 ID: 報復なんてNTR厨が市民権得たい為の言い訳だろ?
これを容認する事はNTRも容認する事になるんじゃね?つまり報復容認はここから出ていけ 343
名無したちの午後 (ワッチョイWW c244-TMMI) 2020/03/13(金) 15:13:56 ID: >>334
作家によってまちまちだし地雷原踏み歩いて安全地帯を探すようなもんだから踏み抜いた時が怖くて中々出来ん 344
名無したちの午後 (ワッチョイ eb09-7gnO) 2020/03/13(金) 19:25:44 ID: 結局のところ、信用できる作家を各々で探すしかないんだろうし、
究極的には自分で作るか、発注するしかないんだろうな。 345
名無したちの午後 (アウアウオーT Saea-jZQa) 2020/03/13(金) 21:20:34 ID: 速報系掲示板とかでNTRが話題に上がると
未だに素質連呼してアホみたいなNTR理論ずーっとループしてるんだよ連中
思考停止とはまさにあの事 346
名無したちの午後 (ワッチョイ 1f92-YhQh) 2020/03/13(金) 22:34:34 ID: キャラの性格や容姿・扱い、話の展開も全く同じパターンじゃないとすぐ文句垂れる連中だからな 347
名無したちの午後 (ワッチョイWW 5278-EvY6) 2020/03/13(金) 22:57:13 ID: 住み分けも出来ず、原作へのリスペクト精神すら無い、気持ち悪い押し付け

本当に消え去ってほしい 348
名無したちの午後 (ワッチョイWW 5278-EvY6) 2020/03/13(金) 23:03:50 ID: https://togetter.com/li/1456309
NTR広告にキレてる商業誌絵描きさんのまとめ

この前見つけた奴だけど、まともな人は普通にこうなるよね 349
名無したちの午後 (ワッチョイWW 5278-EvY6) 2020/03/13(金) 23:07:42 ID: 上の奴のコメント欄にもNTR厨湧いてるし本当に死んでほしい

昔の昼ドラが叩かれてた理由わかんねぇのかよ死ね 350
名無したちの午後 (ワッチョイ eb09-7gnO) 2020/03/13(金) 23:25:44 ID: >>348
その作者に完全に同意。
あと
>広告見る限りNTRでなくBSS寄りだと思うけど
何度でも言うが、
寝取られスレのタイトルからして「彼女または片想いの娘が犯られてしまう」だからな。
恋人じゃないなら寝取られじゃない、は通らんよ。 351
名無したちの午後 (ワッチョイW 6368-ebPP) 2020/03/14(土) 00:21:01 ID: 寝取られは不意打ちじゃないと意味ないって詐欺は騙さないと意味がないと同じだろ
内輪でやってるなら勝手にやってろ、でも他人に迷惑掛けるなら意味あるない以前に論外だわ 352
名無したちの午後 (ワッチョイW 372f-o9Sg) 2020/03/14(土) 00:55:55 ID: 今時脅迫ネタも男の方が圧倒的に不利だからな 353
名無したちの午後 (ワッチョイ ef92-dPXA) 2020/03/14(土) 01:00:32 ID: 報復ものがいまいちなのは同意だけどやり返したい気持ちも分かるから全否定はできない
こっちはNTRの作家と厨共に加害されまくってるから殴り返したくて仕方がない

>>342
報復されそうになってビビッてるNTR厨乙
報復ありならNTR容認なんて言ってないし曲解すんな
それに「NTRで快楽堕ちした時よく見る乱れ方は良いんだよね」とか言い出す輩にNTR厨認定されたくないな



とまあこうなるからNTR厨認定はやめましょうよ 354
名無したちの午後 (ササクッテロル Spc7-EvY6) 2020/03/14(土) 02:35:22 ID: 報復や復讐モノが嫌いなわけじゃない
NTRというエロが必要無く、話がめちゃくちゃで押し付けてくるクソどもが嫌いで死んでほしいだけ

そういう作品はちゃんとあるし 355
名無したちの午後 (ワッチョイ b7b2-YjN5) 2020/03/14(土) 03:17:08 ID: 3Dが好きだからイリュージョンのAI少女買ったんだけど勝手にレズり始めて困った
相手が男じゃなければ平気って人も多いのかもしれないが自分としては嫌悪感の方が強いな
一応回避は出来るんだけど最初にONOFFの設定ができるくらいの配慮があってもよかったんじゃないかって思うよ 356
名無したちの午後 (ワッチョイ 1675-7gnO) 2020/03/14(土) 03:28:00 ID: 今度はそのネタからのレズで内紛狙いか

女ネタといえば論破されまくるNTR厨がNTRアンチはツイフェミ!と言い出すのには笑った
どう考えても1度つきあった女を理不尽な理由で奪われたくない、他人のことでも見たくないという男なら当然の感情を抑圧して
クソビッチを正当化するNTR厨の思想の方がツイフェミなんだよな

それを言い出したやつに反論してたレスでも見たけど
都合の悪い相手はミソジニーや名誉男性認定するツイフェミと
都合の悪い相手はツイフェミ認定するNTR厨の思考も似てるし 357
名無したちの午後 (ワッチョイ b7b2-YjN5) 2020/03/14(土) 03:55:37 ID: 何が言いたいのかよくわからんが女同士でも浮気は許せんって言うと揉めるってことか?
男に取られる以外は認めないって事ならこの話題はスルーしておいてくれ 358
名無したちの午後 (ワッチョイ d27a-s75y) 2020/03/14(土) 08:00:38 ID: >>348
ただコメントつけてるやつちらほら厨がいるのが
宇崎ちゃんは寝取られるとか文句つけてる作者は寝取られを楽しめそうとか 359
名無したちの午後 (ワッチョイW 97ae-L5LN) 2020/03/14(土) 08:48:35 ID: マシュはNTRと相性が良いとか言う偏見と押し付けは本当に糞
ただでさえ製作側のやり方が酷すぎて現在進行形でヘイト集めるキャラになってるのに 360
名無したちの午後 (ワッチョイ ef92-dPXA) 2020/03/14(土) 10:20:56 ID: >>356
NTR厨にだけはフェミとか言われたくないっすね
どちらも調子良い時はイキリマウント、悪いと被害者面するくせにさ
あとFANZAのランキングがジェンダーギャップ指数と同じくらい意味不明で信用できないしそんなランキング振りかざしてくる所もそっくり
そして色々な場所で嘘をばら撒いている所もそっくり
361
名無したちの午後 (ワッチョイ 734c-SlfQ) 2020/03/14(土) 10:40:09 ID: アンチスレだからNTRに現在進行形で腹立ててる人が集まるせいか異様に攻撃的な人がいるよな
些細なレスでNTR厨やら成りすまし認定してさ 362
名無したちの午後 (ワッチョイ 1675-7gnO) 2020/03/14(土) 11:50:25 ID: NTR被害や批判も書かずにアンチアンチレスだけするという最高にわかりやすい行為
こう書いたらそういうのが過剰認定ダーって言うんだろうけど
実際、NTR非難もせずに宥和や窘めだけ書くような人はな… 363
名無したちの午後 (オーパイ Spc7-EvY6) 2020/03/14(土) 12:18:38 ID: ここ意外も成り済ましや荒されてたんだから過剰になるのは当たり前っちゃ当たり前よ
それを煽る方がどうかしてる 364
名無したちの午後 (オーパイ 734c-SlfQ) 2020/03/14(土) 12:43:16 ID: >>355にまで成りすましって言いだしたのは目に余る
主人公以外とセックスするのをNTRに感じるのって当然だろ

AI少女って確か主人公がその場にいようが無視して女同士で絡む場合があるんじゃなかったっけ 365
名無したちの午後 (オーパイ Sac3-WubO) 2020/03/14(土) 13:27:47 ID: 最近、延期連発してたのに糞みたいなNTRオムニバスのときだけ延期せずに出せるってWAFFLEはさぁ…
延期連発してる会社ってNTR忌避の時勢からも逃げ遅れてるし、救いがない中で
糞NTRオムニバスのときだけ予定日通りか

何でもいいからNTRやメーカーへの批判くらいは書けよ 366
名無したちの午後 (オーパイ 1675-7gnO) 2020/03/14(土) 13:45:41 ID: オムニバスの類いはルート分岐ないか最初にどのルートか選ぶだけだろうからシステム的に簡単なんだろう
それよりジャンルごとにブランド分立しないメーカーが多いのが困る
分けてあればNTR出さないブランドだけ買うとかできるんだが 367
名無したちの午後 (オーパイ Spc7-EvY6) 2020/03/14(土) 13:47:11 ID: 関係ない他ジャンル作品にNTRじゃんとかコメントする奴ら死んでくれ

苦しんで死んでくれ 368
名無したちの午後 (オーパイ b7b2-YjN5) 2020/03/14(土) 17:30:45 ID: >>364
そうそう、それを回避するには勝手に上がるパラメーターを常に管理しないといけないから
育成ゲーム?なのに伸び伸びと育てることができない 369
名無したちの午後 (オーパイ 9292-EbHM) 2020/03/14(土) 20:33:54 ID: せSxVJn 370
名無したちの午後 (オーパイ 9292-EbHM) 2020/03/14(土) 20:34:45 ID: >>5730439355102863457981330008511538490293017469303962653856941691208244055713530066648021789293656260284708837901260634095495925386973074843693812349093710275933
依演>>9178574708819398628840737463339599950957490516184132895162982110943569524362502750672688250749789483194492611924488646260009023384763994725333530874863045149199
>>1961166220896288253533238316867042218005992799979016718919123945791420346266523354769950193533255938808984382077078900307363912731815084610192584354776806868166
芽観>>4136733302921797007895043893358610500576386798719845846921922881881184963935641405331990972734528687218804418733693601346498513714719932895162479280608324335572
ササササ>>3913778334790670154711788436294047624337421544319897241851680142913471467067368930296775809040694957322448439554268845114634540403215859639545679177378840646737
保hEhbM 371
名無したちの午後 (オーパイ 9292-7gnO) 2020/03/14(土) 20:59:32 ID: 【「雪国」 川端康成】
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
 向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」
 明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
 もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」

【「伊豆の踊子」 川端康成】
 道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
 私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、私は一つの期待に胸をときめかして道を急いでいるのだった。
そのうちに大粒の雨が私を打ち始めた。折れ曲った急な坂道を駈け登った。ようやく峠の北口の茶屋に辿(たど)りついてほっとすると同時に、私はその入口で立ちすくんでしまった。余りに期待がみごとに的中したからである。そこで旅芸人の一行が休んでいたのだ。
 突っ立っている私を見た踊子が直ぐに自分の座蒲団を外して、裏返しに傍へ置いた。 372
名無したちの午後 (オーパイ 9292-7gnO) 2020/03/14(土) 21:00:41 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
 向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
 明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
 もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
 道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
 私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、私は一つの期待に胸をときめかして 373
名無したちの午後 (オーパイ 9292-7gnO) 2020/03/14(土) 21:02:49 ID: ててて 374
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-EbHM) 2020/03/14(土) 21:04:20 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
gPmFP Slot
👻🍜🍜
🍒💯😜
😜🌸🍜
Win!! 2 pts.(LA: 0.52, 0.38, 0.35)
375
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-EbHM) 2020/03/14(土) 21:04:41 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
7hF25 Slot
🌸🎴💣
💰💯🌸
🍒😜👻
Win!! 4 pts.(LA: 0.52, 0.39, 0.35)
376
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-EbHM) 2020/03/14(土) 21:04:51 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
MyY8P Slot
💣😜😜
💯💣👻
🌸👻💣
Backingum!! はい300万(LA: 0.52, 0.39, 0.36)
377
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-EbHM) 2020/03/14(土) 21:05:01 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
1ljdc Slot
🌸🎴😜
🎴💯👻
👻😜💣
(LA: 0.68, 0.43, 0.37)
378
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-EbHM) 2020/03/14(土) 21:05:11 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
eEpyj Slot
💰💯🍜
🍒🌸💰
😜🎴💣
Win!! 2 pts.(LA: 0.65, 0.43, 0.37)
379
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-EbHM) 2020/03/14(土) 21:05:21 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
DZr0Z Slot
😜💣🌸
🍜👻💯
💣🍜😜
(LA: 0.55, 0.42, 0.36)
380
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-EbHM) 2020/03/14(土) 21:05:31 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
Oy21z Slot
😜👻💰
🌸🍜💣
💯👻👻
(LA: 0.54, 0.42, 0.37)
381
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-EbHM) 2020/03/14(土) 21:05:41 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
B5Vzn Slot
👻😜🌸
🍒👻👻
😜💣🎴
Win!! 2 pts.(LA: 0.69, 0.45, 0.38)
382
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-EbHM) 2020/03/14(土) 21:05:51 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
xouaJ Slot
🍒🌸💰
😜🎴💣
🌸💰👻
Win!! 4 pts.(LA: 0.59, 0.44, 0.37)
383
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-EbHM) 2020/03/14(土) 21:06:02 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
fiucv Slot
🍜🍒💣
💣🍜👻
💯💯🌸
(LA: 0.50, 0.42, 0.37)
384
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:09:54 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、 Slot
🎴😜🍜
💯👻💰
🌸💣💣
(LA: 0.35, 0.37, 0.34)
385
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:12:12 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
胃ま記浦 Slot
💯💯🌸
🌸😜👻
💰👻🎴
🚩(LA: 0.29, 0.41, 0.36)
386
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:13:09 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
偉ウ季雨 Slot
🌸🎴🎴
💯💰🍜
🎴😜💯
🚩(LA: 0.40, 0.42, 0.37)
387
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:13:20 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
季壱員閑 Slot
🍒👻🌸
😜🎴💯
🍜💯😜
Win!! 4 pts.🚩(LA: 0.42, 0.42, 0.37)
388
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:13:31 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
べ観ソ机 Slot
💯💯💯
🎴😜🍜
💯👻😜
Excellent!! 300 pts.🚩(LA: 0.43, 0.43, 0.37)
389
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:13:42 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ネモ員円 Slot
💯👻🎴
🎴🎴🍜
💯💯💯
Excellent!! 300 pts.🚩(LA: 0.36, 0.41, 0.37)
390
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:13:53 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ぺ簡嫁拐 Slot
🍒💯🌸
😜😜👻
🍜👻🎴
Win!! 4 pts.🚩(LA: 0.46, 0.43, 0.37)
391
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:14:04 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
間姻音患 Slot
🎴🎴💯
💯💯😜
🌸😜👻
🚩(LA: 0.50, 0.44, 0.38)
392
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:14:15 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ネ翁援怪 Slot
💣🎴💯
💯💯🍜
🌸😜😜
🚩(LA: 0.42, 0.43, 0.37)
393
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:14:26 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
覚敢演悔 Slot
💯🎴🎴
🌸💯🍜
🎴😜💯
Excellent!! 300 pts.🚩(LA: 0.36, 0.41, 0.37)
394
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:14:37 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
嚇欧期看 Slot
😜🎴🎴
🍜💰🍜
💣😜💯
🚩(LA: 0.38, 0.41, 0.37)
395
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:14:48 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ネ胃引ザ Slot
💯🎴💯
🌸💯😜
💰😜👻
🚩(LA: 0.44, 0.43, 0.37)
396
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:14:59 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ヨ基印会 Slot
🌸🍜🌸
💯💯💯
🎴🌸😜
Excellent!! 300 pts.🚩(LA: 0.53, 0.44, 0.38)
397
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:15:10 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ぞげ華ソ Slot
🎴🍜💣
💯👻🌸
🌸🎴👻
🚩(LA: 0.45, 0.43, 0.38)
398
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:15:21 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
フむもエ Slot
🎴💯💯
💯🌸🍜
🌸🎴😜
🚩(LA: 0.38, 0.41, 0.37)
399
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:15:32 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
案ャ貨営 Slot
💯🎴🌸
🎴💯💯
💯😜😜
🚩(LA: 0.40, 0.42, 0.37)
400
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:15:42 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
鑑鋭す器 Slot
🎴👻🎴
💯🎴🍜
🌸💯💯
🚩(LA: 0.58, 0.46, 0.39)
401
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:15:54 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
フぐ遺円 Slot
💯💯💯
🎴🌸🍜
💯🎴😜
Excellent!! 300 pts.🚩(LA: 0.49, 0.44, 0.38)
402
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:16:04 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
冠願右揮 Slot
🎴🍜🌸
💯👻👻
🌸🎴🎴
🚩(LA: 0.65, 0.48, 0.40)
403
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:16:15 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
デ額関奥 Slot
😜🍜🌸
🍜👻💯
💣🎴😜
🚩(LA: 0.62, 0.48, 0.40)
404
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:16:26 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
拡械械儀 Slot
💯🎴🌸
🎴💯👻
💯😜🎴
🚩(LA: 0.49, 0.45, 0.39)
405
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:16:37 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
エ卸壱ム Slot
💯🎴👻
🌸💯🎴
💰😜🍜
🚩(LA: 0.49, 0.46, 0.39)
406
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:16:48 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
刊サ穫華 Slot
💯👻👻
🌸🎴🌸
💰💯💯
🚩(LA: 0.73, 0.51, 0.41)
407
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:16:59 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ス井カ沖 Slot
💣🎴🌸
💯💯👻
🌸😜🎴
🚩(LA: 0.62, 0.49, 0.40)
408
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:17:10 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ドワあぴ Slot
🍒👻💯
😜🎴🍜
🍜💯😜
Win!! 4 pts.🚩(LA: 1.02, 0.58, 0.44)
409
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:17:21 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
黄軌関帰 Slot
💯💯🌸
🌸🌸💯
💰🎴😜
🚩(LA: 0.94, 0.58, 0.44)
410
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:17:32 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
果完憾貫 Slot
💯🎴🌸
🎴💯👻
💯😜🎴
🚩(LA: 0.79, 0.56, 0.43)
411
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイ 9292-njWp) 2020/03/14(土) 21:17:43 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
完佳課各 Slot
🎴👻🌸
💯🎴💯
🌸💯😜
🚩(LA: 0.67, 0.54, 0.43)
412
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:17:54 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
感遺華基 Slot
🍒💣💣
😜👻🌸
🌸🍜👻
Win!! 4 pts.(LA: 0.57, 0.52, 0.42)
413
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:18:05 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
炎ゆゾた Slot
🍜👻🎴
💣💣🍜
💯🍒💯
(LA: 0.48, 0.50, 0.41)
414
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:18:18 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
希黄をじ Slot
🍒💯😜
😜🌸👻
🍜🎴💣
Win!! 4 pts.(LA: 0.45, 0.49, 0.41)
415
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:18:30 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
化機逸奥 Slot
🍒👻💯
😜💣😜
🍜🍒👻
Win!! 4 pts.(LA: 0.38, 0.48, 0.41)
416
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:18:42 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
忌介危央 Slot
🌸💯💯
💯🌸😜
🎴🎴👻
(LA: 0.32, 0.46, 0.40)
417
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:18:53 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ョ哀希涯 Slot
🌸💯🍜
💯😜💯
🎴👻🍜
(LA: 0.63, 0.52, 0.43)
418
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:19:04 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
旗ヒ屋劾 Slot
💯👻😜
🌸🍜👻
💰👻💣
(LA: 0.62, 0.52, 0.43)
419
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:19:15 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
延穫あ偉 Slot
😜😜👻
🍜👻🌸
💣💣💯
(LA: 0.68, 0.53, 0.43)
420
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:19:27 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
艦鋭隠偉 Slot
💣💣🍜
💯👻💰
🌸🍜💣
(LA: 0.58, 0.52, 0.43)
421
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:19:38 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
涯げ飲化 Slot
🌸🍒🍜
💯🍜💯
🎴💯🍜
(LA: 0.63, 0.53, 0.43)
422
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:19:49 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
禍忌せほ Slot
🍒🌸💯
😜🎴🍜
🍜💰😜
Win!! 4 pts.(LA: 0.54, 0.51, 0.43)
423
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:20:00 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
機愛漢寛 Slot
🎴🍒🍜
💯🍜💯
🌸💯🍜
(LA: 0.56, 0.52, 0.43)
424
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:20:12 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
会拡央貴 Slot
💯🎴💣
🌸💯👻
💰😜🌸
(LA: 0.48, 0.50, 0.42)
425
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:20:23 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
患棺管ウ Slot
🎴🌸💯
💯🎴🍜
🌸💰😜
(LA: 0.56, 0.52, 0.43)
426
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:20:34 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ト敢確ピ Slot
🍜🍒👻
💣🍜🎴
💯💯🍜
Win!! 15 pts.(LA: 0.59, 0.53, 0.43)
427
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:20:45 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
佳ヅヒ越 Slot
🌸👻👻
💯💣💣
🎴🍒🌸
(LA: 0.49, 0.51, 0.43)
428
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:20:56 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
姻確ん回 Slot
🌸😜🍜
💰👻💯
🍒💣🍜
Win!! 4 pts.(LA: 0.50, 0.51, 0.43)
429
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:21:07 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
喜汚角テ Slot
🍜😜👻
💣💣🌸
💯👻💯
(LA: 0.53, 0.52, 0.43)
430
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:21:18 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ゅ奇箇割 Slot
💣🍜👻
💯💯🌸
🌸🌸💯
(LA: 0.53, 0.51, 0.43)
431
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:21:30 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
影安甘輝 Slot
💣🎴💰
💯💯💣
🌸😜👻
(LA: 0.45, 0.50, 0.42)
432
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:21:41 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
タ貨駅願 Slot
💣🎴💯
💯💯😜
🌸😜👻
(LA: 0.45, 0.50, 0.42)
433
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:21:53 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
各河エタ Slot
🍒😜😜
😜💣🍜
🍜👻💰
Win!! 4 pts.(LA: 0.38, 0.48, 0.42)
434
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:22:04 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
安街炎荷 Slot
💣🎴💣
💯💰🌸
🌸😜👻
(LA: 0.51, 0.50, 0.43)
435
名無したちの午後 (オーパイ 1f92-YhQh) 2020/03/14(土) 21:22:13 ID: 何だ
久しぶりにあの気違いが荒らしに来たのか 436
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:22:15 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ペ鉛期ヌ Slot
😜💯💣
🌸😜🌸
💯👻👻
(LA: 0.43, 0.49, 0.42)
437
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:22:26 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ポ何員往 Slot
👻💰🍜
🍒😜💰
😜💣💣
Win!! 2 pts.(LA: 0.45, 0.49, 0.42)
438
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:22:38 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ゼ監棄こ Slot
🌸👻👻
💯🍜💣
🎴👻🌸
(LA: 0.38, 0.47, 0.41)
439
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:22:49 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
黄価英謁 Slot
🌸🎴💯
💯💰😜
🎴😜👻
(LA: 0.29, 0.45, 0.41)
440
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:23:00 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
華沖ず棋 Slot
😜😜💣
🍜👻🌸
💣💣👻
(LA: 0.32, 0.45, 0.41)
441
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:23:11 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
げ貝雅緯 Slot
😜🍜💣
🍜👻🌸
💣🎴👻
(LA: 0.27, 0.43, 0.40)
442
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:23:22 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
勘館覚運 Slot
🍒🌸🍜
😜🎴💯
🌸💰🍜
Win!! 4 pts.(LA: 0.36, 0.44, 0.41)
443
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:23:34 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
衛ぶ郭起 Slot
🎴💯🍜
👻😜💯
🍒👻🍜
Win!! 4 pts.(LA: 0.31, 0.43, 0.40)
444
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:23:45 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
横ゃ揮環 Slot
😜💣🎴
🍜🍒🍜
💣🍜💯
(LA: 0.38, 0.44, 0.41)
445
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:23:56 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ピ涯ね汽 Slot
🌸💣💣
💯👻👻
🎴🍜🌸
(LA: 0.40, 0.44, 0.41)
446
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:24:07 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
姻塊モ益 Slot
💰💣💣
🍒🍒👻
😜🍜🌸
Win!! 7 pts.(LA: 0.34, 0.43, 0.40)
447
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:24:18 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
潟潟概バ Slot
🌸💣👻
💯🍒🎴
🎴🍜🍜
(LA: 0.26, 0.40, 0.40)
448
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:24:29 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
刊雨だ関 Slot
🍜🎴🌸
💣💯💯
💯😜😜
(LA: 0.22, 0.39, 0.39)
449
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:24:43 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
郭架概ぃ Slot
🎴🌸🍜
👻🎴💯
🍒💰🍜
Win!! 4 pts.(LA: 0.17, 0.37, 0.38)
450
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:24:55 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ス泳ま環 Slot
🌸🎴💰
💯💰💣
🎴😜👻
(LA: 0.30, 0.39, 0.39)
451
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:25:06 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
岸越援れ Slot
🎴💰🌸
👻😜👻
🍒💣🎴
Win!! 4 pts.(LA: 0.37, 0.40, 0.39)
452
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:25:19 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
環医営位 Slot
🌸💣💣
💰🍒👻
🍒🍜🌸
Win!! 9 pts.(LA: 0.47, 0.42, 0.40)
453
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:25:31 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
雨換ム井 Slot
💣🌸💣
💯🎴🌸
🌸💰👻
(LA: 0.36, 0.40, 0.39)
454
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:25:42 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
威懐ヒ何 Slot
🌸💣💣
💯🍒🌸
🎴🍜👻
(LA: 0.31, 0.39, 0.39)
455
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:25:53 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
寡英威隠 Slot
🌸💣👻
💰👻💣
🍒🍜🌸
Win!! 4 pts.(LA: 0.26, 0.38, 0.38)
456
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:26:04 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
く覚ェの Slot
💣😜💯
💯👻😜
🌸💣👻
(LA: 0.28, 0.37, 0.38)
457
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:26:15 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
概官異欧 Slot
🍜🍜👻
💣👻🌸
💯🎴💯
(LA: 0.23, 0.36, 0.38)
458
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:26:26 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
賀億ソ関 Slot
🌸👻🍜
💯🍜😜
🎴👻🍜
(LA: 0.34, 0.38, 0.38)
459
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:26:37 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ぃ暗憾活 Slot
💰🎴👻
🍒💯💣
😜😜🌸
Win!! 2 pts.(LA: 0.29, 0.37, 0.38)
460
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:26:51 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
該駅ぜ企 Slot
🍒💰👻
😜😜🎴
🍜💣🍜
Win!! 4 pts.(LA: 0.23, 0.35, 0.37)
461
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:27:03 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ゃ簡遠で Slot
💣🍒👻
💯🍜🌸
🌸💯💯
(LA: 0.40, 0.38, 0.38)
462
名無したちの午後 (オーパイ 9292-eEtD) 2020/03/14(土) 21:27:09 ID: ガイジがでたでたw 463
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:28:16 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ょ暇観央 Slot
💣👻😜
💯🍜🍜
🌸👻💰
(LA: 0.37, 0.37, 0.38)
464
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:28:26 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ヒ園介乙 Slot
😜💯😜
🍜🌸🍜
💣🎴💰
(LA: 0.35, 0.37, 0.38)
465
名無したちの午後 (オーパイ 1fa5-YjN5) 2020/03/14(土) 21:28:29 ID: 久しぶりだな   ホント死んでよね 466
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:28:36 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
儀び医王 Slot
🎴🍒👻
💯🍜🌸
🌸💯💯
(LA: 0.37, 0.37, 0.38)
467
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:28:46 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ォさ巻だ Slot
🎴💣💣
💯👻👻
🌸🍜🌸
(LA: 0.34, 0.37, 0.38)
468
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:28:57 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
稲ぶ害灰 Slot
🍒🍜🍜
😜👻💰
🌸🎴💣
Win!! 4 pts.(LA: 0.44, 0.39, 0.38)
469
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:29:07 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
希該鑑渇 Slot
💯💣🎴
🌸👻🍜
💰🍜💯
(LA: 0.52, 0.41, 0.39)
470
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:29:17 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
韻屋界ソ Slot
💣🎴👻
💯💰💣
🌸😜🌸
(LA: 0.44, 0.39, 0.38)
471
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:29:27 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
駅外ラ威 Slot
💯💰🍜
🌸😜💯
💰💣🍜
(LA: 0.37, 0.38, 0.38)
472
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:29:37 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
にり課輝 Slot
🍒👻🌸
😜💣👻
🌸🍒🎴
Win!! 4 pts.(LA: 0.40, 0.38, 0.38)
473
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:29:48 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
勘帰愛て Slot
🎴🍒👻
💯🍜🌸
🌸💯💯
(LA: 0.33, 0.37, 0.38)
474
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:29:58 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
姻概オュ Slot
🌸👻🌸
💯🍜💯
🎴👻😜
(LA: 0.43, 0.39, 0.38)
475
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:30:08 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
括め規閣 Slot
💣🎴🍜
💯💰😜
🌸😜🍜
(LA: 0.51, 0.41, 0.39)
476
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:30:19 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
プ握宇塊 Slot
🍜💣🍜
💣🍒😜
💯🍜🍜
(LA: 0.40, 0.39, 0.38)
477
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:30:29 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
願簡壊維 Slot
🌸💯💣
💯🌸🌸
🎴🎴👻
(LA: 0.34, 0.38, 0.38)
478
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:30:39 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
塩おヘ確 Slot
🌸👻🎴
💯💣🍜
🎴🍒💯
(LA: 0.52, 0.41, 0.39)
479
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:30:49 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
還汽ら温 Slot
🎴🍜🌸
💯💯👻
🌸🌸🎴
(LA: 0.44, 0.40, 0.38)
480
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:30:59 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ク一劾宜 Slot
😜👻🎴
🍜🎴🍜
💣💯💯
(LA: 0.45, 0.40, 0.39)
481
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:31:10 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
メ画井移 Slot
💣💣💯
💯🍒🍜
🌸🍜😜
(LA: 0.53, 0.42, 0.39)
482
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:31:20 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
輝お冠ト Slot
🌸🎴💣
💰💯👻
🍒😜🌸
Win!! 4 pts.(LA: 0.55, 0.43, 0.40)
483
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:31:30 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
に丸貨ア Slot
🌸🍜😜
💯💯🍜
🎴🌸💰
(LA: 0.47, 0.42, 0.39)
484
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:31:40 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
意潟サを Slot
🎴👻🌸
👻🍜👻
🍒👻🎴
Win!! 4 pts.(LA: 0.47, 0.42, 0.39)
485
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:31:51 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
押縁ム眼 Slot
🎴💯👻
💯😜🎴
🌸👻🍜
(LA: 0.48, 0.42, 0.39)
486
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:32:01 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
り汗ぇ温 Slot
💣💰💣
💯😜👻
🌸💣🌸
(LA: 0.44, 0.41, 0.39)
487
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:32:11 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
雲戒ズお Slot
🎴💰🍜
💯😜💯
🌸💣🍜
(LA: 0.42, 0.41, 0.39)
488
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:32:21 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ミさロ以 Slot
🍒😜💣
😜👻👻
🌸💣🌸
Win!! 4 pts.(LA: 0.51, 0.43, 0.40)
489
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:32:31 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
各意ば岐 Slot
🌸💣🌸
💯🍒💯
🎴🍜😜
(LA: 0.51, 0.43, 0.40)
490
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:32:41 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
機づ愛ゾ Slot
🎴👻👻
👻🎴💣
🍒💯🌸
Win!! 4 pts.(LA: 0.43, 0.42, 0.39)
491
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:32:51 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ゅにハ遺 Slot
💣🍜👻
💯👻💣
🌸🎴🌸
(LA: 0.45, 0.42, 0.39)
492
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:33:02 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
刊央垣位 Slot
💯👻👻
🌸💣🌸
💰🍒💯
(LA: 0.53, 0.44, 0.40)
493
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:33:12 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ァメ宴歓 Slot
💣🎴👻
💯💰🎴
🌸😜🍜
(LA: 0.53, 0.44, 0.40)
494
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:33:23 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
看ァぉ延 Slot
🌸🎴🎴
🎴💰🍜
👻😜💯
(LA: 0.45, 0.42, 0.40)
495
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:33:33 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
サ害家潟 Slot
🌸💯💣
💯😜👻
🎴👻🌸
(LA: 0.38, 0.41, 0.39)
496
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:33:43 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
チンぬ機 Slot
💯🌸🍜
🌸🎴💰
💰💰💣
(LA: 0.32, 0.40, 0.39)
497
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:33:53 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
棋い違い Slot
🎴🎴💣
💯💯🌸
🌸😜👻
(LA: 0.39, 0.41, 0.39)
498
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:34:04 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
嚇鋭怪哀 Slot
💰🍒👻
🍒🍜💣
😜💯🌸
Win!! 2 pts.(LA: 0.56, 0.44, 0.40)
499
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:34:14 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
偽褐芋花 Slot
🍒💯💣
😜🌸👻
🌸🎴🌸
Win!! 4 pts.(LA: 0.52, 0.44, 0.40)
500
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:34:24 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
各哀岩逸 Slot
🍜👻😜
💣🍜👻
💯👻💣
(LA: 0.75, 0.49, 0.42)
501
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:34:34 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(bンと)れながらも、
核ガ下こ Slot
🍜🍜👻
💣👻🎴
💯🎴🍜
(LA: 0.78, 0.50, 0.43)
502
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:34:44 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
禍ぅ慣ぼ Slot
🌸😜🍜
💯👻😜
🎴💣🍜
(LA: 0.66, 0.49, 0.42)
503
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:34:54 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
基ゥ記期 Slot
🌸🍒💣
💰🍜🌸
🍒💯👻
Win!! 4 pts.(LA: 0.66, 0.49, 0.42)
504
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:35:06 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
穫影運劾 Slot
😜🌸💣
🍜🎴👻
💣💰🌸
(LA: 0.56, 0.48, 0.42)
505
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:35:16 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
完覚遠菓 Slot
🎴👻💯
👻🍜🍜
🍒👻😜
Win!! 4 pts.(LA: 0.52, 0.47, 0.42)
506
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:35:26 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ト引渇ャ Slot
🍒🌸💣
😜🎴👻
🌸💰🌸
Win!! 4 pts.(LA: 0.55, 0.48, 0.42)
507
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:35:36 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
為レポ宴 Slot
🌸🍜💣
🎴💯🌸
👻🌸👻
(LA: 0.57, 0.49, 0.42)
508
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:35:48 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
慣起益ぎ Slot
💣💰💣
💯😜🌸
🌸💣👻
(LA: 0.48, 0.47, 0.42)
509
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:35:58 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ぬ慣忌架 Slot
🎴🍜🎴
💯💯🍜
🌸🌸💯
(LA: 0.41, 0.45, 0.41)
510
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:36:08 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
涯韻ん含 Slot
🎴🌸💰
💯🎴💣
🌸💰👻
(LA: 0.50, 0.47, 0.42)
511
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:36:18 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
お陥衣委 Slot
💣💣💣
💯👻🌸
🌸🍜👻
Backingum!! はい300万(LA: 0.42, 0.46, 0.41)
512
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:36:28 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ゾ引ゼ騎 Slot
🎴🌸👻
👻🎴💣
🍒💰🌸
Win!! 4 pts.(LA: 0.36, 0.44, 0.41)
513
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:36:38 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
維欧ぷチ Slot
🌸😜👻
💯👻💣
🎴💣🌸
(LA: 0.30, 0.43, 0.40)
514
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:36:48 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
館祈益縁 Slot
😜💣👻
🌸🍒💣
💯🍜🌸
(LA: 0.25, 0.41, 0.40)
515
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:36:59 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
暗シ異佳 Slot
🎴💯💯
💯🌸😜
🌸🎴👻
(LA: 0.37, 0.43, 0.40)
516
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:37:09 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
環既轄恩 Slot
🎴💯💯
💯😜🍜
🌸👻😜
(LA: 0.31, 0.42, 0.40)
517
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:37:19 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
戒関営陰 Slot
🌸🎴🎴
🎴💰🍜
👻😜💯
(LA: 0.42, 0.43, 0.41)
518
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:37:29 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ブとガゥ Slot
🌸🌸👻
💰🎴🎴
🍒💰🍜
Win!! 4 pts.(LA: 0.52, 0.45, 0.41)
519
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:37:40 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ナ騎稼轄 Slot
💣🎴🍜
💯💰😜
🌸😜🍜
(LA: 0.52, 0.45, 0.41)
520
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:37:50 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
怪延ま可 Slot
💯😜🎴
🌸💣🍜
💰👻💯
(LA: 0.52, 0.46, 0.42)
521
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:38:00 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
懐懐謁衛 Slot
💣🎴🍜
💯💰💰
🌸😜💣
(LA: 0.44, 0.44, 0.41)
522
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:38:10 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
偉画ね憾 Slot
😜💰👻
🍜😜🎴
💣💣🍜
(LA: 0.37, 0.42, 0.41)
523
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:38:21 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
寛過揮ド Slot
💯🍜👻
🌸👻💣
💰🎴🌸
(LA: 0.31, 0.41, 0.40)
524
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:38:31 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
火括机パ Slot
🍒💯😜
😜😜🍜
🌸👻💰
Win!! 4 pts.(LA: 0.26, 0.40, 0.40)
525
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:38:41 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
にゴヲ岳 Slot
🌸👻💯
💯🍜😜
🎴👻👻
(LA: 0.22, 0.38, 0.39)
526
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:38:51 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
鬼ぢォづ Slot
🎴🌸💰
👻🎴💣
🍒💰👻
Win!! 4 pts.(LA: 0.19, 0.37, 0.39)
527
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:39:01 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
び引パ荷 Slot
🌸💯🌸
💯🌸💯
🎴🎴😜
(LA: 0.16, 0.36, 0.38)
528
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:39:11 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
芋沿握テ Slot
🍒🎴👻
😜💰💣
🌸😜🌸
Win!! 4 pts.(LA: 0.29, 0.38, 0.39)
529
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:39:21 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
煙飲央ガ Slot
🎴💰💯
💯😜😜
🌸💣👻
(LA: 0.32, 0.38, 0.39)
530
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:39:32 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
完哀印館 Slot
🍜👻🎴
💣🍜🍜
💯👻💯
(LA: 0.35, 0.39, 0.39)
531
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:39:42 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
けま暇詠 Slot
😜👻🌸
🌸🍜💯
💯👻😜
(LA: 0.27, 0.37, 0.38)
532
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:39:52 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
み右シ帰 Slot
🌸🍜💣
💰💯👻
🍒🌸🌸
Win!! 4 pts.(LA: 0.25, 0.36, 0.38)
533
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:40:02 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
括ぱ寡ナ Slot
💯👻😜
🌸🍜👻
💰👻💣
(LA: 0.42, 0.39, 0.39)
534
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:40:12 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
慰壊賀り Slot
😜💣🍜
🌸🍒💰
💯🍜💣
(LA: 0.36, 0.38, 0.39)
535
名無したちの午後 (オーパイWW 5278-EvY6) 2020/03/14(土) 21:40:15 ID: これぞNTR厨だな 536
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:40:22 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
掛甘貨た Slot
🎴💰😜
💯😜👻
🌸💣💣
(LA: 0.38, 0.38, 0.39)
537
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:40:32 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ろ鋭ャ何 Slot
🍜🍜🌸
💣👻👻
💯🎴🎴
(LA: 0.32, 0.37, 0.38)
538
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:40:42 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
おス拐演 Slot
🌸🎴🎴
💰💯🍜
🍒😜💯
Win!! 4 pts.(LA: 0.27, 0.35, 0.38)
539
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:40:52 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
祈亜陥ビ Slot
🌸🍜💣
🎴💯🌸
👻🌸👻
(LA: 0.30, 0.36, 0.38)
540
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:41:02 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ね加顔ホ Slot
💣👻💯
💯💣😜
🌸🍒👻
(LA: 0.34, 0.36, 0.38)
541
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:41:12 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
び以岩画 Slot
🌸👻👻
💰🍜🎴
🍒👻🍜
Win!! 4 pts.(LA: 0.29, 0.35, 0.37)
542
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:41:23 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
簡医サ疫 Slot
😜🍜🎴
🍜💯🍜
💣🌸💯
(LA: 0.30, 0.35, 0.37)
543
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:41:34 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
威ヅ冠バ Slot
💯💣😜
🌸🍒👻
💰🍜💣
(LA: 0.41, 0.37, 0.38)
544
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:41:44 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
企めマ開 Slot
🍜💣🌸
💣🍒💯
💯🍜😜
(LA: 0.35, 0.36, 0.37)
545
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:41:55 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
開ギナ株 Slot
💣💯🎴
💯🌸🍜
🌸🎴💯
(LA: 0.29, 0.35, 0.37)
546
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:42:05 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
宜億奥監 Slot
🌸🎴🎴
💯💰🍜
🎴😜💯
(LA: 0.32, 0.35, 0.37)
547
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:42:15 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
憶稼歓ま Slot
🌸👻🌸
💰🎴💯
🍒💯😜
Win!! 4 pts.(LA: 0.35, 0.35, 0.37)
548
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:42:28 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
慰解喚顔 Slot
🍒😜💯
😜💣🍜
🍜👻😜
Win!! 4 pts.(LA: 0.30, 0.34, 0.37)
549
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:42:38 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
禍何トぃ Slot
👻😜👻
🍒💣🌸
😜👻💯
Win!! 2 pts.(LA: 0.25, 0.33, 0.36)
550
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:42:48 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ご央勧卸 Slot
💣🍒🌸
💯🍜👻
🌸💯🎴
(LA: 0.21, 0.32, 0.36)
551
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:42:58 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
握確恩は Slot
🌸💣🎴
💰👻🍜
🍒🍜💯
Win!! 4 pts.(LA: 0.26, 0.33, 0.36)
552
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:43:08 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
タ握姻介 Slot
💯💣👻
🌸👻💣
💰🍜🌸
(LA: 0.44, 0.36, 0.37)
553
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:43:19 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ちやひ拐 Slot
🎴💰👻
👻😜💣
🍒💣🌸
Win!! 4 pts.(LA: 0.53, 0.38, 0.38)
554
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:43:29 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
テ花何ル Slot
💣😜🍜
💯👻😜
🌸💣🍜
(LA: 0.60, 0.40, 0.38)
555
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:43:39 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
棺化起家 Slot
💣🍜👻
💯💯💣
🌸🌸🌸
OPPAI Ban!! 🖐😝🌸(LA: 0.58, 0.41, 0.38)
556
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:43:49 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
騎維コ外 Slot
🌸💯🍜
💰😜💯
🍒👻🍜
Win!! 4 pts.(LA: 0.64, 0.42, 0.39)
557
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:43:59 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
ジ花漢凹 Slot
💯👻🍜
🌸🍜💰
💰👻💣
(LA: 0.62, 0.43, 0.39)
558
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:44:09 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
医炎き維 Slot
💣🎴👻
💯💰🎴
🌸😜🍜
(LA: 0.60, 0.43, 0.39)
559
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:44:19 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
芋款企蚊 Slot
💰🌸🌸
🍒🎴💯
😜💰😜
Win!! 2 pts.(LA: 0.51, 0.41, 0.39)
560
名無したちの午後 転載ダメ©bbspink.com (オーパイT Saaa-EbHM) 2020/03/14(土) 21:44:29 ID: >>1
【「雪国」 川端康成】>>1
 国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」>>1
明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。
もうそんな寒さかと島村は外を眺めると、鉄道の官舎らしいバラックが山裾に寒々と散らばっているだけで、雪の色はそこまで行かぬうちに闇に呑まれていた。
「駅長さん、私です、御機嫌よろしゅうございます」>>1
「ああ、葉子さんじゃないか。お帰りかい。また寒くなったよ」
「弟が今度こちらに勤めさせていただいておりますのですってね。お世話さまですわ」
>>1
【「伊豆の踊子」 川端康成】
道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい早さで麓から私を追って来た。
私は二渚ホ、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白(こんかすり)の着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけていた。一人伊豆の旅に出てから四日目のことだった。修善寺温泉に一夜泊り、湯ヶ島温泉に二夜泊り、そして朴歯(ほうば)の高下駄で天城を登って来たのだった。
重なり合った山々や原生林や深い渓谷の秋に見惚(みと)れながらも、
演王紀ェ Slot
🌸👻😜
💯🍜👻
🎴👻💣
(LA: 0.51, 0.42, 0.39)
新着レスの表示

5ちゃんねる勢い速報まとめ トップ > エロゲー > 【アンチ】寝取られアンチスレ part40【NTR】 > キャッシュ - (2020-03-15 23:07:10 解析)

5ちゃんねる勢い速報まとめTwitterアカウント
■トップページに戻る■ お問い合わせ/削除依頼